ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows 8 から Windows Server 2012 の Hyper-V を管理する


Windows Server 2012 で実行している Hyper-V を リモートで Windows 8 から操作すると、わざわざリモートデスクトップなどでサーバにログオンしなくても楽に管理ができます。
実現するには、Windows 8 用のリモート サーバー管理ツールを Windows 8 にインストールする必要があります。
マイクロソフトのサイトから Windows6.2-KB2693643 をダウンロードします。
ダウンロード後、インストールし、管理ツールから Hyper-V マネージャーを起動すれば OK です。
管理ツールの中に Hyper-V マネージャーがある。
161.jpg
起動画面。
162.jpg
Hyper-V の設定画面。
163.jpg
仮想スイッチマネージャー。
165.jpg
仮想ハードディスクウィザード画面。
146.jpg
147.jpg
仮想マシン作成ウィザード画面。
149.jpg
150.jpg
151.jpg
152.jpg
153.jpg
154.jpg
155.jpg
サーバ側と同じように、Hyper-V を管理できるので非常に便利です。
しかしながら、Windows Server 2008 R2 の Hyper-V はどうやら管理できないようです。
両方、管理できればかなり効率がいいんだけどな・・・。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>