ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Ubuntu 12.04 を Active Directory に参加させる。


Hyper-V にインストールした Ubuntu 12.04 を Active Directory へ参加させます。
likewise というソフトを使用すれば、簡単に Windows の Active Directory に参加する事が出来ます。
まずは likewise をインストールするので、端末を起動して以下のコマンドを入力し、インストールします。
$ sudo apt-get install likewise-open-gui
254.jpg
255.jpg
インストールが終了したら、nsswitch.conf を開きます。
$ sudo nano /etc/nsswitch.conf
256.jpg
nsswitch.conf を開いて以下の箇所を修正し保存します。
257.jpg
端末を閉じ、ダッシュボードの検索バーに likewise と入力し、Active Directory membership をクリックします。
258.jpg
パスワードを入力。
259.jpg
Domain の欄でドメイン名を入力し、Join Domain をクリック。
260.jpg
DC のユーザ名とパスワードを入力し、OK をクリックします。
261.jpg
下記のように、Succeeded と表示さればドメインへの参加が完了です。
262.jpg
閉じるをクリック。
263.jpg
以上で Ubuntu 側の設定は完了です。
次に、DC 側でキチンと認識しているかどうかの確認をします。
サーバマネージャから、役割 → Active Directory ドメインサービス → Active Directory ユーザとコンピュータ → ドメイン名 と展開し、Computers を選択し、右ペインに Ubuntu のホスト名が表示されていれば OK です。
264.jpg



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>