ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

信頼性モニターを有効にする。


サーバの状態を確認するのに非常に便利なツールですが、Windows Server 2008 R2 では何故か無効になっています。
信頼性モニターを有効にすることでサーバの詳細な状態を確認する事が出来るので、有効にする方法を解説します。
276.jpg
277.jpg
Windows Server 2008 R2 の信頼性モニターを有効にするには、タスクスケジューラにある「RacTask」の「指定日時」を有効にすれば良いのですが、何故か勝手に無効に戻ってしまい、信頼性モニターが使用できません。これを修正するにはレジストリを変更します。
ファイル名を指定して実行でレジストリエディタを起動します。
278.jpg
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Reliability Analysis\WMI の WMIEnable の値を 1 にする。
279.jpg
280.jpg
最後に、タスクスケジューラにある Microsoft\Windows\RAC の RacTask を右クリックし、プロパティを選択します。
281.jpg
トリガーの指定日時を編集します。
トリガーを有効にするにチェックを入れる。
282.jpg
これで信頼性モニターを使用できるようになります。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>