ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V 上にドメインコントローラを追加する – 準備編


ドメインコントローラ( 以下 DC )はユーザ認証などの重要なサービスを提供するサーバの為、障害時を想定し、2 台以上で構成するのがベストです。
DNS サーバをインストールし、グローバルカタログサーバの機能も追加します。
HyperV の仮想化機能は強力で、ほぼ全てのサーバを仮想化できますが、DC を仮想化するのって不安があると思います。仮想化する際に注意すべき点は以下のサイトが参考になります。
ドメインコントローラを仮想化する際の留意点( Windows にまつわる e.t.c. )
http://www.vwnet.jp/Windows/WS08R2/ADCS/Virtualization.htm
DC は自動起動 & シャットダウンさせるのが良いって事かな?あとスナップショットは厳禁。
実際、私の環境では DC 1 号機( Windows Server 2008 R2 )は物理サーバですが、DC 2 号機は 物理サーバ 2号機( Windows Server 2012 )の Hyper-V で稼働しています。
そして、今回の追加で DC 1 号機上の Hyper-V に DC 3 号機を展開します。こんなややこしい方法での運用はおすすめできませんが。
では、まず Hyper-V で仮想マシンを作成します。作成する仮想マシンの詳細は以下の通りです。
・ インストールは、あらかじめ Windows Server 2008 R2 をインストールしてある展開用のマスタ VHD を使用する。
・ プロセッサは 4 つ。
・ メモリは 最低 2048 MB で最大値は 4096 MB に指定。
・ VHD は容量可変で最大容量は 50 GB とする。
仮想マシンの名前と場所を決める。
283.jpg
マスタ VHD を使用するので、差分を選択。
284.jpg
仮想マシンの設定が完了したら起動します。
285.jpg
デバイスのインストール中。
286.jpg
Windows Server 2008 R2 の初期画面。
287.jpg
ログオン画面。
288.jpg
仮想マシンの作成が完了したら、Active Directory を構成し、本題の DC の機能をサーバにインストールします。
289.jpg



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>