ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V 上にドメインコントローラを追加する – Active Directory インストール編


Hyper-V 上にドメインコントローラを追加する – 準備編の続きです。
前回、Windows Server 2008 R2 のインストールが完了したので、次は サーバに Active Directory を構成します。
その前に、静的 IP アドレスを設定します。アダプタの設定で 静的 IP を設定します。
プライマリ DNS アドレスには DC 1 号機 DNS サーバのアドレスを入れます。セカンダリ DNS サーバには自身の IP アドレス( この DC で DNS サーバを構成する為 )を入力します。
290.jpg
また、WINS のタブをクリックし、NetBIOS over TCP / IP を有効にするにチェックを入れる。
291.jpg
IP の設定が終わったら、サーバマネージャから役割の追加を選び、Active Directory ドメインサービスにチェックを入れます。
292.jpg
293.jpg
294.jpg
295.jpg
あとは、ウィザード通りに進めインストールの結果のページで閉じるをクリックすれば OK です。
以上で Active Directory の構成は完了ですが、dcpromo.exe を使い AD DS の役割を追加する必要があります。
296.jpg
この段階では DC としての機能はまだありませんので、次回の記事で 本題の DC の追加の解説をします。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>