ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V 上の Ubuntu 12.04 に Webmin をインストールする。


ブラウザ上から、Ubuntu 12.04 の各種設定( インストールされている Apache や SQL なども )などを容易に行うことのできる非常に便利なツールである、Webmin をインストールします。
Webminユーザグループのサイトからダウンロードできます。
ダウンロード書かれたリンクからダウンロードページにジャンプします。
377.jpg
そのページの左上にある、Download Webmin 1.610 と書かれた所の Debian Package をクリックします。
378.jpg
ダウンロードが開始されます。
保存を選択します。
379.jpg
ダウンロードしたファイルは、/home/ダウンロード にあります。
そのファイル( webmin_1.610_all.deb )を右クリックして、Ubuntu ソフトウェアセンターで開くを選択します。
380.jpg
下記のような画面が表示されるので、インストールのボタンをクリックします。
381.jpg
root のパスワードを入力します。
382.jpg
インストールが完了したら、下記のような画面になります。
383.jpg
Webmin の再起動をします。
端末から以下のコマンドを入力します。

$ sudo /etc/init.d/webmin restart

384.jpg
Webmin の再起動が完了したら、ブラウザを起動し、URL に 下記のアドレスにアクセスします。

https://localhost:10000/

すると、「接続の安全性を確認できません」との警告が表示されます。
「危険性を理解したうえで接続するには」をクリック。
385.jpg
「例外を追加」ボタンをクリック。
386.jpg
「セキュリティ例外を承認」をクリック。
387.jpg
すると、Webmin のログインページが表示されますので、Ubuntu のユーザ名とパスワードを入力します。
388.jpg
Webmin のメイン画面が表示されました。
英語表記ではわかりにくいので、日本語化の設定をします。
左メニューの Change Language…をクリック。
389.jpg
Webmin UI language メニューで Personal choice で Japanese( JA JP_EUC )を選択後、Make changes をクリックする。
390.jpg
391.jpg
変更が適当されたら、もう一度、Webmin を再起動します。
392.jpg

$ sudo /etc/init.d/webmin restart

393.jpg
再度、ブラウザで https://localhost:10000/ へアクセス。
ちゃんと日本語化されていれば OK です。
394.jpg



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>