ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 を Hyper-V にインストールする。- 仮想マシン準備編


Windows 8 と同時に、新しいサーバ OS である Windwos Server 2012( 以下 WS2012 )が発売されました。
この WS2012 は Windows 8 と同様、モダン UI が採用されており、基本的には Windows 8 がベースになっていると思われる OS です。
早速、WS2012 を Hyper-V にインストールしてみましょう。既に我が家では物理マシンで WS2012 を使用して、Hyper-V サーバとして運用していますが 仮想環境に WS2012 をインストールするのは今回が初めてです。
インストールついでに、テスト環境展開用のマスタ VHD の作成までを行います。
インストールする前にマイクロソフトとのダウンロードページから WS2012 の評価版の ISO をダウンロードしておきます。VHD もダウンロードできるのですが、英語版ですので、面倒ですが ISO をダウンロードします。
では Hyper-V を起動して、仮想マシンを作成します。
仮想マシンの作成
今回は以下の構成で構築します。
・ プロセッサはクアッドコア。
・ 動的メモリを設定し 2 GB ~ 8 GB で設定。
・ 仮想ディスクは容量可変の 100 GB を作成。
仮想マシン作成のウィザード通りに作成していきます。
まずは、仮想マシンの名前と場所の指定。
仮想マシンの名前と場所の指定
ダイナミックメモリの設定。2 GB ~ 8 GB に設定。
ダイナミックメモリの設定
プロセッサの設定。4コアに設定します。
プロセッサの設定
次に VHD の作成。これもウィザード通りに進めます。
容量可変を選択します。
VHD の作成ウィザード・ディスクの種類と選択
VHD の場所の指定。
VHD の設定
インストールメディア( ISO )を指定する。
インストールDVD ISO を指定
自動起動の設定を 60 秒に設定。
自動起動の設定
以上で取り敢えず、仮想マシンが出来上がりました。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>