ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フリーのレジストリクリーナー CCleaner を使用する。


レジストリのクリーナーは数多くありますが、CCleaner は日本語にも対応しており、ソフトウェアとしても非常に優秀ですので、簡単にレジストリのクリーニングをする事が可能です。
CCleaner
以下のサイトから最新版をダウンロードし、インストールします。
12 / 18 現在での最新バージョンは v 3.25 です。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、展開します。
ダウンロードしたら展開する
日本語を選択。
日本語を選択
インストーラーの指示に従って作業を進める。
インストーラーの指示に従って作業を進める。
ライセンス契約の画面。同意するをクリック。
ライセンス
任意の項目にチェックを入れる。
インストールオプション
インストールの展開中。
展開中
インストールが完了しました。
インストールの完了
起動画面。
不要ファイルなどの削除が行えるクリーナー。
起動画面
レジストリの保守画面。
ここで、レジストリのクリーニングが行える。
レジストリの保守画面
プログラムのアンインストールやスタートアップなどの設定を行える。
プログラムのアンインストールやスタートアップなどの設定
プログラムの設定画面。
プログラムの設定画面
インストールが完了したので、早速、CCleaner を使用しみましょう。
デスクトップのアイコンから CCleaner を起動します。
起動したら、レジストリを選択し、任意の項目にチェックを入れ、問題点をスキャンをクリックします。
レジストリを選択し、任意の項目にチェックを入れ、問題点をスキャン
スキャンが終わったら、問題点を解決をクリックすれば OK です。
次に、一時ファイルなどの不要ファイルの削除を行います。
クリーナーを選択し、それぞれのアプリケーションの任意の項目にチェックを入れます。
チェックを入れたら、解析をクリックすると、右ペインに削除できるファイルの一覧と、サイズが表示されます。
解析をクリックすると、右ペインに削除できるファイルの一覧と、サイズが表示されます
あとは、クリーンアップ開始のボタンを押せば完了です。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>