ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V の仮想マシンをエクスポート / インポートする。


仮想マシンは XML ファイルや様々なファイルで構成されていますが、それらをフォルダごと移動やコピーしても、仮想マシンの環境をそのまま移行することはできません。
そこで利用するのが Hyper-V に備わっているエクスポート機能です。これを利用する事で、仮想マシンを別の物理サーバで稼働している Hyper-V へスムーズに移行することが出来ます。
エクスポートする仮想マシンを右クリックし、エクスポートを選択する。
エクスポートを選択
エクスポートする仮想マシンに動的メモリを割り当てる設定をしていると下記のような警告画面メッセージが表示される。
動的メモリを設定していると警告が出る
仮想マシンの設定からメモリを選択し、静的メモリへ変更する。
静的メモリに変更する
変更が終了したら、仮想マシンを右クリックし、再度エクスポートを選択する。
すると、さっきの警告メッセージが消えているのがわかる。
エクスポートする場所を指定し、エクスポートをクリック。
エクスポートする場所を指定し、エクスポートをクリック
エクスポートが終了すると、下記のような構成でエクスポートファイルが出力される。
エクスポートが終了すると、下記のような構成でエクスポートファイルが出力される
これで、エクスポートは完了です。
次に、エクスポートした仮想マシンをインポートするには、以下の手順で行います。
※エクスポートした仮想マシンが、Hyper-V で使用しているファルダ以外の場所や、別ドライブにエクスポートした場合、元の場所へコピー / 移動する方がいいでしょう。そうでないと、その場所から Hyper-V が仮想マシンを参照し、稼働させてしまいます。
メニューから、操作を選び、仮想マシンのインポートを選択します。
仮想マシンのインポートを選択
インポートする仮想マシンを選択( エクスポートした仮想マシンのフォルダ )をし、設定の箇所で「仮想マシンをコピーする( 新しい一意な ID を作成する )」を選択する。
※インポートは一度のみ実行が可能なので、複数回する必要がある場合、下記の「すべてのファイルを複製し、同じ仮想マシンを再度インポートできるようにする」に必要であればチェックを入れる。
532.jpg
インポートが完了しました。
インポートが完了
念のため、インポートした仮想マシンが正常に起動するか確認します。
動的メモリを割り当ててた場合は、メモリの設定を開き、動的メモリに変更する。
メモリの設定を開き、動的メモリに変更
仮想マシンを右クリックし、起動を選択する。
仮想マシンを右クリックし、起動を選択
仮想マシンに接続しています。
仮想マシンに接続しています
仮想マシンの起動中です。
<br />
仮想マシンの起動中
正常に起動できました。
正常に起動できた
これで、エクスポート及び、インポートの作業が完了しました。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>