ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

右クリックメニューに「フォルダへコピー」を追加する。


ファイルやフォルダを右クリックして表示れるコンテキストメニューに、フォルダへコピーという項目を追加できます。これを追加する事で、コピー → 貼り付けというプロセスを踏まなくても良いため非常に便利です。

※この操作はレジストリを操作します。レジストリに誤った値を書き込むとシステムに致命的なエラーを引き起こす可能性がありますので、変更の際は、必ず自己責任でお願い致します。

設定するには以下の手順を行います。

ファイル名を指定して実行から regedit と入力し、レジストリエディタを起動。

レジストリエディタを起動

起動したら、以下のキーを展開する。
HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers

HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers展開

ContextMenuHandlers を右クリックして、キーを作成し Copy To と名前を付ける。

ontextMenuHandlers を右クリックして、キーを作成し Copy To と名前を付ける

Copy To を選択して、既定をダブルクリックし値に以下を入力。
{C2FBB630-2971-11D1-A18C-00C04FD75D13}

{C2FBB630-2971-11D1-A18C-00C04FD75D13}と入力

フォルダを右クリックすると、「フォルダにコピー」という項目が追加されているのがわかる。

フォルダを右クリックすると、「フォルダにコピー」という項目が追加されているのがわかる。

これで設定は完了です。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>