ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V のダイナミックメモリとは。


Windows Server 2008 R2 のHyper-V 2.0 から標準で搭載されたダイナミックメモリですが、簡単に言うと、仮想マシン起動時に必要なメモリを指定し、割り当てる最大値の中で必要に応じてメモリを使用し、多くメモリが必要になった時にメモリをその範囲内で使用し、必要無くなれば、メモリを開放するといった仕組みになります。

WS08R2 搭載の Hyper-V 2.0 のコンソール画面。

Windows Server 2008 R2 の Hyper-V 2.0

メモリの割り当ての部分が割り当てる最大値で、メモリの需要が今現在、必要としているメモリの値です。
この様に、自動的に、必要時に多くのメモリを割り当て、必要無くなった場合に、開放するといったことが出来るため、メモリ不足で仮想マシンがスワップを起こしてパフォーマンスの低下を招くようなことが無くなりました。

では、新たにリリースされた Windows Server 2012 に標準搭載されている Hyper-V 3.0 ではどのように変化したでしょうか。

WS2012 の Hyper-V 3.0 のコンソール画面。

Windows Server 2012 の Hyper-V 3.0

Hyper-V 2.0 と 3.0 での大きな違いは、コンソール画面フッタ部分にメモリというタブが出来ました。
ここで、仮想マシンに割り当てたメモリの状況が詳細に表示されています。この様に、今現在、どの程度、メモリが必要かが直感的で非常にわかり易くなりましたので、メモリを割り当てする際の参考になります。

WS08R2 の Hyper-V 2.0 のメモリ設定画面。

Windows Server 2008 R2 の Hyper-V のメモリ設定画面。

WS2012 の Hyper-V 3.0 のメモリ設定画面。

 WS2012 の Hyper-V 3.0 のメモリ設定画面。

それぞれの設定画面にはさほど大きな違いはありません。

ダイナミックメモリが搭載されたことで、もちろんホスト OS でのメモリパフォーマンスが向上するのは間違いありません。Hyper-V で使用するメモリは、当然のことながら、ホスト OS に搭載されたメモリから、仮想マシンへ仮想メモリを割り当てているため、仮想マシンが増えれば増えるほど、ホスト OS のメモリ使用量は増加します。しかし、ダイナミックで動的にメモリを割り当てることでリソースの無駄な消費を抑えることが可能です。

この様に、非常に素晴らしいダイナミックメモリですが、すべての OS がサポートしているわけではないのが欠点です。どの OS がサポートしているかは、マイクロソフトのサイトで確認してください。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>