ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 に SQL Server 2012 をインストールする。


Share Point Server 2013 を Hyper-V へ構築し、実用検証したみたいので、まずは SQL Server 2012 を別ノードにインストールしたので、その時のメモとインストールの解説をします。

マイクロソフトのサイトから SQL Server 2012 の評価版をダウンロードした ISO をマウントさせます。

SETUP.EXE の実行をクリックする。

thum809

SQL Server インストールセンターが起動するので、左メニューのインストールをクリックします。

SQL Server インストールセンターが起動するので、左メニューのインストールをクリック

次の画面で、SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加しますをクリックする。

SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加しますをクリックする。

セットアップサポートツールが起動しますのでしばらく待ち、操作が完了したら、OK をクリック。

セットアップサポートツールが起動しますのでしばらく待ち、操作が完了したら、OK をクリック

SQL Server の更新プログラムを確認するのでしばらく待ちます。

SQL Server の更新プログラムを確認するのでしばらく待ちます

完了したら、OK をクリックします。

完了したら、OK をクリック

セットアップファイルのインストールが始まりますので、しばらく待ちます。

セットアップファイルのインストールが始まりますので、しばらく待ちます

操作が完了したら、次へ。

操作が完了したら、次へ

プロダクトキーの入力の画面で、無償のエディションを指定するにチェックを入れる。ここでは、Evaluation を選択します。

無償のエディションを指定するにチェックを入れる。ここでは、Evaluation を選択

ライセンス条項に目を通し、チェックボックスにそれぞれ、チェックを入れる。

ライセンス条項に目を通し、チェックボックスにそれぞれ、チェックを入れる

セットアップロールの画面で、インストールするオプションを選択します。今回は、SQL Server 機能のインストールにチェックを入れる。

今回は、SQL Server 機能のインストールにチェック

機能の選択画面でインストールする機能にチェックを入れる。ここでは、すべて選択をクリックする。

機能の選択画面でインストールする機能にチェックを入れる。ここでは、すべて選択をクリック

インストールルールが始まりますので、放置します。終わったら次へ。

インストールルールが始まりますので、放置します。終わったら次へ

インスタンスの構成の画面で、既定のインスタンスにチェックを入れる。

インスタンスの構成の画面で、既定のインスタンスにチェック

必要なディスク領域が表示されますので、確認します。確認が終わったら次へ。

必要なディスク領域が表示されますので、確認します。確認が終わったら次へ

サーバの構成の画面でサービスアカウントと照合順序の確認をして次へ。

サーバの構成の画面でサービスアカウントと照合順序の確認をして次へ

データベースエンジンの構成で、認証モードで Windows 認証モードにチェックを入れる。そして、SQL Server 管理者の指定で、任意のユーザを指定して次へ。

データベースエンジンの構成で、認証モードで Windows 認証モードにチェックを入れる。そして、SQL Server 管理者の指定で、任意のユーザを指定

Analysis Service の構成の画面で、サーバの構成タブで、多次元およぼデータマイニングモードにチェックを入れる。

Analysis Service の構成の画面で、サーバの構成タブで、多次元およぼデータマイニングモードにチェック

Reporting Service の構成で Reporting Services ネイティブモードでインストールと構成にチェックを入れる。
また Reporting Service SharePoint 統合モードに、インストールのみ。にチェックが入っているのを確認する。

Reporting Service SharePoint 統合モードに、インストールのみ。にチェックが入っているのを確認

分散再生コントローラの画面で、サービスの権限を持つユーザを指定して次へ。

サービスの権限を持つユーザを指定

分散再生クライアントの画面で、コントローラの名前とディレクトリの場所を指定する。場所は今回はデフォルトのままにする。

コントローラの名前とディレクトリの場所を指定する。場所は今回はデフォルトのままにする

エラーレポートの画面を確認して次へ。

エラーレポートの画面を確認して次へ

インストール構成ルール画面で処理が始まりますので、終わるまで待ちます。終わったら次へ。

インストール構成ルール画面で処理が始まりますので、終わるまで待ちます。終わったら次へ

インストールの準備完了の画面で最終確認をします。問題がなければインストールをクリックして開始します。

インストールの準備完了の画面で最終確認をします。問題がなければインストールをクリックして開始

インストールが開始しました。かなり長い時間がかかるので気長に待ちます。

インストールが開始しました。かなり長い時間がかかるので気長に待ちます

下記の画面が表示されればインストールは完了です。

下記の画面が表示されればインストールは完了です

閉じるをクリックして、インストールを完了します。
以上で、SQL Server 2012 のインストールは完了です。かなりややこしい作業ですね。


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>