ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Office Professional Plus 2013 評価版をインストールする。


Office の次期バージョンである Office Professional Plus 2013 の評価版が、マイクロソフトのサイトからダウンロードできます。早速、ダウンロードしてインストールしてみました。

ダウンロードしたイメージが何故か img ファイルになっている。 Hyper-V での仮想環境でテストするには拡張子を ISO に変更しないと、Hyper-V では img ファイルはマウントできません。ISO に変更して、Hyper-V からマウントしました。

Office Professional Plus 2013 評価版をダウンロードしてマウントする

インストールを実行すると、インストールの準備が始まる。

インストールを実行すると、インストールの準備が始まる

ライセンス条項に同意する。にチェックを入れる。

 ライセンス条項に同意する。にチェックを入れる

インストールの種類を選択する画面で、今すぐインストールを選択。

今すぐインストールを選択

インストールが進行しますので、終了するまで、しばらく待ちます。

インストールが進行しますので、終了するまで、しばらく待ちます

インストールが完了したら、オンライン登録の画面が出る。必要であれば、ここでオンライン登録をしておく。
今回は、登録せずに、閉じるをクリック。

今回は、登録せずに、閉じるをクリック

スタートメニューから Microsoft Office 2013 を展開する。試しに Excel 2013 を起動してみます。

スタートメニューから Microsoft Office 2013 を展開する

Excel 2013 の起動ロゴ画面。今までとはだいぶ変更されており、Windows 8 ライクになっている。

Excel 2013 の起動ロゴ画面。今までとはだいぶ変更されており、Windows 8 ライクになっている

Office ライセンス認証の画面が表示される。この Office 2013 は Microsoft アカウントを使ってサインインする。

Office ライセンス認証画面

プロダクトキーを入力する。入力が終わったら、インストールをクリック。

プロダクトキーを入力する。入力が終わったら、インストールをクリック

続いて、最初に行う設定の画面が表示されるので、今回は推奨設定を使用するにチェックを入れる。

最初に行う設定の画面が表示されるので、今回は推奨設定を使用するにチェックを入れる

新しい Office へようこそと表示されるので、次へ。

新しい Office へようこそと表示されるので、次へ

SkyDrive の説明画面あ表示される。次へ。

SkyDrive の説明画面あ表示される。次へ

Office の見た目を変更できる。ここではデフォルトのまま次へ。

 Office の見た目を変更できる。ここではデフォルトのまま次へ

準備が整いましたと表示されるので完了をクリック。

準備が整いましたと表示されるので完了をクリック

Excel の起動画面。様々なテンプレートが表示される。ここで好きなテンプレートを使ってブックを作成できる。

様々なテンプレートが表示される。ここで好きなテンプレートを使ってブックを作成できる

Excel の編集画面。ここは Office 2010 とあまり変化はないが、デザインがやはり Windwos 8 ライクになっている。

Excel の編集画面。ここは Office 2010 とあまり変化はない

以上で、インストールと基本的な設定は完了です。従来の Office との違いはやはり、Microsoft アカウントを使ったクラウドとの連携が強化されている点でしょうか。また、起動画面にテンプレートが表示されるのは便利ですね。

Excel の紹介が中途半端でしたので、次回の記事で、もう少し Excel の詳しい画面などを紹介します。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>