ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Active Directory オブジェクトの変更を確認する。


前回の記事で Active Directory オブジェクトの監査の設定をしましたが、オブジェクトが変更されたかどうかの確認の方法を解説します。解説時に分かり易いように、Office 2013 と言う名前のユーザのプロパティ [全般] タブの事業所を変更します。デフォルトでは空欄になっていますが、テストと入力します。その変更の結果を見てみましょう。

変更前は事業所の欄は空欄になっている。

オブジェクトの変更のサンプル - 変更前

変更後はテストになっている。

オブジェクトの変更サンプル - 変更後

次に、きちんと変更が記録されているかを確認します。管理ツールからイベントビューワを起動し Windows ログ → セキュリティを展開する。中央ペインのセキュリティでオブジェクトの変更を表すイベントを右クリックして、イベントのプロパティをクリックする。

イベントのプロパティをクリック

イベントプロパティが表示される。全般タブで [属性] セクションで [値] で変更後の値を確認します。
今回の例では、空欄から、テストに変更されているので、値の欄がテストと表示されていれば OK です。

イベントの結果


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>