ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows 8 のカタログファイルを作成する。


Windows 8 を展開するため sysprep 用の自動応答ファイルを作成するにあたり、Windows ADK を用いてマスタイメージを作成します。その為には Windows 8 のカタログファイルが必要になりますので、先ずはカタログファイルの作成から始めます。

Windows 7 で使用した Windows AIK は Windows 8 から仕様に変わっており、Windows 8 用 Windows アセスメント & デプロイメントキット( Windows ADK )と名前が変わっています。

それでは Windows ADK をシステムにインストールするので、上記リンクからダウンロードしたインストーラを展開します。

Windows ADK インストーラー

必要に応じて、アセスメント & デプロイメントキットでインストールする機能を選択します。今回はデフォルトのままで OK ですので、インストールをクリックする。

Windows ADK インストーラー

インストールが進行しいるので完了まで暫く待ちます。

Windows ADK インストール中

インストールが完了したら、早速、Windows ADK を起動します。
場所は C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Windows Kits\Windows ADK にある、Windows システム イメージ マネージャーを起動すれば OK です。

Windows ADK 起動画面

次に、Windows 8 のカタログファイルを作成します。メニューバーのファイルから Windows イメージの選択をクリックし インストールメディアの中の sources/install.wim を選択します。

install.wim を選択する

Windows イメージ Windows 8…..のカタログファイルは次の理由により開けませんでした。
というメッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

カタログファイルが開けない為、作成しますか?と表示される

そうすると、エラーが表示されて、続けることが出来なくなります。

 そうすると、エラーが表示されて、続けることが出来なくなります

これを回避するためには、インストールメディアの sources/install.wim をローカルの適当な場所コピーします。今回はデスクトップに sources フォルダを作成し、その中に install.wim をコピーします。

インストールメディアの sources/install.wim をローカルの適当な場所コピー

コピーが終了したら、再度 Windows ADK から Windows イメージの選択でローカル保存した install.wim を選択する。

Windows ADK から Windows イメージの選択でローカル保存した install.wim を選択

するとカタログファイルの作成が始まります。これにはしばらく時間がかかるので、気長に待ちましょう。

カタログファイルの作成が始まります

カタログファイルの作成が終わったら、Windows SIM で作成したカタログファイルが使用できるかどうかの確認の為、再度 Windows システムイメージの選択から install.wim を選択します。
起動すると、下記の画像の様にカタログファイルの内容が表示され、インストールイメージに含まれるパッケージもきちんと作成されています。

カタログファイルの作成が終わったら、Windows SIM で作成したカタログファイルが使用できるかどうかの確認の為、再度 Windows システムイメージの選択から install.wim を選択


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>