ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2008 R2 に System Center 2012 Virtual Machine Manager をインストールする – 準備編


複数のハイパーバイザー環境を管理できる System Center 2012 Virtual Machine Manager( SCVMM )を仮想化した Windows Server 2008 R2 にインストールします。

仮想化されたデータセンター向けの総合管理ツールで Hyper-V はもちらん VMware ESX/ESXi や XenServer などの環境を管理する事が出来るので、我が家の様にバラバラに展開している仮想サーバなどを一元管理できる非常に有用なツールです。

今回展開する概要ですが、まずは Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 上で稼働している複数台の仮想サーバを一元管理する目的で構築する予定です。

ホストとなるマシンは Hyper-V 上に構築した専用の仮想マシンに Windows Server 2008 R2 をインストールし SCVMM を構築します。今回構築する SCVMM の機能としては以下の 5 つの機能があります。

  • VMM 管理サーバー
    SCVMM の需要な役割を提供する機能。
  • VMM データベース
    SQL Server を使用する。SCVMM の構成情報や管理情報を格納するデータベース。
  • VMM ライブラリー
    仮想マシンイメージ、仮想マシンテンプレート、プロファイル、ISO イメージなど、仮想環境を構築するのに必要なリソースを管理する機能。
  • VMM セルフサービスポータル
    エンドユーザー向けのWebサイト。今回はインストールしない。
  • VMM コンソール
    VMM管理サーバーと接続し、管理下にある物理サーバや仮想マシンの一元化利を行う GUI ツール。

インストールする際に先に SCVMM を構築する準備をします。最初に Windows AIK をダウンロードして、インストールしておきます。( この記事では Windwos AIK のインストールについては割愛させていただきます。 )そして次に SQL Server 2008 R2 をインストールします。
今回インストールする SQL Server は無料で使用する事の出来る SQL Server 2008 R2 Express を使用します。本来なら、SQL Server と SCVMM は分離する方が好ましいのですが、物理的な理由により、SCVMM と同居させることにします。

では SCVMM のインストールから始めます。今回は180日間無料で使用できる SCVMM の評価版を利用します。マイクロソフトのサイトから SCVMM の評価版をダウンロードします。

マイクロソフトのサイトから SCVMM の評価版

Windows Server 2008 R2 SP1 をダウンロードに含めないにチェックを入れてダウンロードします。

Windows Server 2008 R2 SP1 をダウンロードに含めない

ダウンロードファイルを保存する場所を選択する。

ダウンロードファイルを保存する場所を選択

暫くするとダウンロードが開始されますので、ダウンロードが完了するまで待ちます。
相当数のダウンロードファイルがありますので、環境によっては時間がかかる場合がありますので、気長に待ちましょう。

ダウンロードが開始された

ダウンロードが完了すると、以下のようなファイル群が展開されています。その中にある SC2012_VMM.exe に SCVMM のセットアップファイルが圧縮されているので任意のフォルダに展開します。

thum1066

解凍すると、以下の様なファイル群が展開される。その中にある setup.exe が SCVMM のインストーラファイルなのでそのままにしておきます。

C2012_VMM.exe に SCVMM のセットアップファイルが圧縮されているので任意のフォルダに展開

これで、SCVMM のダウンロードと解凍が完了しました。
次に SQL Server 2008 R2 Express のインストールを開始します。ダウンロードした SQLEXPR_x64_JPN.exe をダブルクリックしてインストーラを起動します。

インストールメニューの一番上「 SQL Server の新規スタンドアロンインストールまたは既存のインストールへの機能の追加 」をクリックして、インストーラーの指示に従い、先へ進みます。

SQLEXPR_x64_JPN.exe をダブルクリックしてインストーラを起動

使用許諾契約書に同意するにチェックを入れて次へをクリックし、インストーラーに従い進みます。

使用許諾契約書に同意するにチェック

セットアップサポートルールのチェックが終わり、失敗が無いことを確認して次へをクリックします。

セットアップサポートルールのチェックが終わり、失敗が無いことを確認して次へをクリック

機能の選択の画面で、全て選択をクリックして全ての機能をインストールします。インストールするディレクトリを確認して次へをクリックする。

全て選択をクリックして全ての機能をインストールします。インストールするディレクトリを確認して次へをクリック

インスタンスの構成の画面で「 名前付きインスタンス 」にチェックを入れます。
ここでは以下のインスタンスで SQL Server を構成します。

  • 名前付きインスタンス : SQLExpress
  • インスタンス ID : SQLExpress

インスタンスの入力

設定が終わったら、次へをクリックします。

次に、必要なディスク領域の画面でディスク使用量の概要を確認します。問題が無ければ次へをクリックします。3

ディスク使用量の概要を確認

サーバの構成画面でサービスアカウントのタブでアカウント名を指定します。ここでは Windwos 認証を使うので SQL Server をインストールしているマシンの管理者アカウントとパスワードを指定します。例:ドメイン名\ユーザアカウント

ここでは Windwos 認証を使うので SQL Server をインストールしているマシンの管理者アカウントとパスワードを指定します

データベースエンジンの構成画面でアカウントの準備タブを選択します。ここで認証モードを Windows 認証モードにチェックを入れます。そして、一番下の SQL Server の管理者の指定で、現在のユーザの追加をクリックして次へ。インストーラーの指示に従い次へ進みます。
途中、エラーと使用上状況レポートの画面が表示されるので次へをクリックします。

ここで認証モードを Windows 認証モードにチェックを入れます

エラーと使用上状況レポートの画面が表示されるので次へをクリック

インストールの準備完了の画面が表示されます。設定に問題が無いかの確認をしてインストールを実行します。

設定に問題が無いかの確認をしてインストールを実行

インストールが完了するまで時間がかかりますので、暫く待ちます。インストールが完了したら、次へをクリックしてインストーラを終了させます。

SQL Server のインストールが進行中

SQL Server のセットアップ処理の完了

インストールの完了。インストーラを閉じます。

以上で、SQL Server 2008 R2 Express のインストールが完了しました。これでやっと SCVMM をインストールする準備が整いましたので、次回の記事で SCVMM の構築手順を解説します。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>