ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Virtual Machine Manager で仮想マシンを作成する。


System Center 2012 Virtual Machine Manager ( 以下 SCVMM )で Hyper-V サーバの仮想マシンがサポートされない VM 構成エラーが解決したので、早速 SCVMM から仮想マシンを作成してみます。

作業フローは以下の手順になります。

  1. 仮想マシンの複製。
  2. 複製する仮想マシンのハードウェアの構成。
  3. 仮想マシンを Hyper-V サーバに配置。
  4. Hyper-V サーバの選択。
  5. <仮想マシンファイルの保存先( Hyper-V 上のディレクトリを指定 )
  6. 仮想ネットワークの選択。
  7. プロパティの設定。

それでは、順を追って解説していきます。
SCVMM を起動して VM とサービスからすべてのホストを選択し Hyper-V サーバを選択して、複製する仮想マシンを選択して右クリックし [ 作成 ] → [ 複製 ] を選択する。

仮想マシンを選択して右クリックし [ 作成 ] → [ 複製 ] を選択

バーチャルマシン ID の作成で、バーチャルマシンの名前を付けます。
ここでは w7x64-vm02 と名前を付けます。

ここでは w7x64-vm02 と名前を付けます

ハードウェアの構成画面で、ディスクを選択する。

ハードウェアの構成画面で、ディスクを選択

ディスクの欄で、新しいバーチャルハードディスクを作成するにチェックを入れて、種類は容量可変にせっていし、サイズは 100 GB に設定します。

ディスクの欄で、新しいバーチャルハードディスクを作成するにチェックを入れて、種類は容量可変にせっていし、サイズは 100 GB に設定

保存先の選択の画面で、展開するか保管するかの選択をします。
今回は新しいマシンを Hyper-V 上に展開するので「バーチャルマシンをホストに配置する」にチェックを入れて次へ。

バーチャルマシンの展開か保管の選択

ホストの選択で Hyper-V サーバを選択します。

ホストの選択で Hyper-V サーバを選択

Hyper-V サーバ上のディレクトリに保存するので任意のディレクトリを指定する。

Hyper-V サーバ上のディレクトリに保存する

ホスト上のバーチャルマシンファイルの保存先で Hyper-V 上のディレクトリパスを参照する。

ホスト上のバーチャルマシンファイルの保存先で Hyper-V 上のディレクトリパスを参照

このバーチャルマシンで使用する仮想ネットワークを指定してくださいの画面で、Hyper-V で使用しているネットワークを選択する。ここでは VLAN という名前の仮想ネットワークを使用する。

ネットワークの選択画面

プロパティの追加の画面で自動に行なわれる操作を設定する。
ここでは特に変更はしないのでデフォルトの設定のままでいいです。

オペレーティングシステムの欄で「 バーチャルマシンにインストールするオペレーティングシステムを指定してください 」の所で、インストールする OS を指定します。ここでは 64-bit edition of Windows 7 を選択します。

プロパティの追加の画面で自動に行なわれる操作を設定

設定の確認でサマリーのプロパティと値の確認をする。

  • バーチャルマシン : w7x64-VM02
  • 宛先ホスト : 指定した Hyper-V サーバの FQDN 名
  • パス : C:\VM\VDI\w7_Enter_x64\w7x64-VM02
  • オペレーティングシステム : 64-bit edition of Windows 7

設定に問題が無ければ作成ボタンをクリックする。
環境に左右されますが、作成には暫く時間がかかりますので、のんびり待ちましょう。

設定に問題が無ければ作成ボタンをクリック

ジョブの確認画面。
様々なプロセスが実行されるようですね。これは時間がかかりそうです。

作成ジョブの確認

バーチャルマシンの作成が完了しました。
ネットワークのエラーが出ていますが、はて。。。問題なく仮想ネットワークには接続できてるようですが。。何ででしょうか。エラーコード( 10696 / 11037 )が載っていますので後で調べてみます。

バーチャルマシンの作成が完了しました

作成が完了したので、早速、出来上がったバーチャルマシンを起動してみます。

出来上がったバーチャルマシンを起動してみま

起動したバーチャルマシンに接続してみます。
バーチャルマシンを選択し右クリック → [ 接続または表示 ] → [ コンソール経由で接続 ] を選択する。

バーチャルマシンを選択し右クリック → [ 接続または表示 ] → [ コンソール経由で接続 ] を選択

Windows 7 の起動画面が表示されました。問題なく起動できているようです。

Windows 7 の起動画面が表示されました。問題なく起動できているようです

起動したマシンのプロパティ。ここで一つ問題があります。
バーチャルマシンの複製でバーチャルマシンを作成する方法を採ったので、コンピュータ名が w7x64-VM01 と重複しているので、修正する必要があります。後で修正するとします。

起動したマシンのプロパティ

上記の問題以外、特にエラーなどもなくバーチャルマシンが作成できました。作業終了後 Hyper-V サーバを確認してみたと所 SCVMM で作成したバーチャルマシンが認識されていました。

次にネットワークの構成図が確認できますので見てみましょう。
まず、以下の画像がバーチャルマシンの構成図です。非常に分かり易い図で管理がし易いですね。

次にネットワークの構成図が確認

次の画像が VM 接続のネットワーク図になります。
このような画像が表示されるのは、個人的には非常にありがたいですね。

ネットワーク構成図の VM 接続イメージ

さて、これで一連のバーチャルマシンを作成する作業が終了しました。
とりあえず、何とかここまでこぎつけましたが、作業完了後に共有ライブラリの件や、エラーの発生などがあり、なかなか一筋縄では行かない作業でした。

今現在の問題点として、バーチャルマシンの複製時の PC 名の重複エラーとネットワークに関するエラーが表示されてた件。
これらを解決しないと先には進めませんが、近いうちにライブラリサーバの追加をしてみます。共有ライブラリにインストール ISO や展開用の VHD の配置などの設置からマシンの作成をしてみたいと思います。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>