ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Virtual Machien Manager でライブラリサーバを追加する。


System Center 2012 Virtual Machien Manager ( 以下 SCVMM )ではバーチャルマシン( 以下仮想マシン )などを作成する際に必要となるリソースなどを保管するライブラリサーバを構築出来ます。

そのライブラリサーバへインストール用の ISO や 展開用の VHD などを保管して仮想マシンの作成の際に参照る事になっています。
ライブラリサーバの追加は簡単で、仮想サーバでも物理サーバでも構築できるので便利ですね。今回は仮想マシンで構築してるファイルサーバの一部のディレクトリをライブラリサーバとして共有します。

まずは SCVMM を起動して、ライブラリを選択します。
そして左ペインのメニューに表示されるライブラリサーバを右クリックして、ライブラリサーバの追加を選択します。

ライブラリサーバを右クリックして、ライブラリサーバの追加を選択

ライブラリサーバの追加のウィザードが起動する。
最初の画面 「 資格情報の入力 」画面で、既存のアカウントを使用するにチェックを入れ、参照をクリックする。

「 資格情報の入力 」画面で、既存のアカウントを使用するにチェックを入れ、参照をクリック

実行アカウントの選択で使用するアカウントを選択して OK をクリックします。

実行アカウントの選択で使用するアカウントを選択して OK をクリック

再び「 資格情報の画面 」で選択したアカウントが表示されているのを確認後、次へをクリックする。

「 資格情報の画面 」で選択したアカウントが表示されているのを確認後、次へをクリック

ライブラリサーバの選択画面で、ドメインを完全修飾ドメイン名で入力する。
例:test.co.jp など。
入力したら、検索ボタンをクリックする。

ドメインを完全修飾ドメイン名で入力

コンピュータの検索で、再度ドメインを完全修飾ドメイン名で入力して検索をクリックする。

コンピュータの検索で、再度ドメインを完全修飾ドメイン名で入力して検索をクリック

検索結果が表示されるので、ライブラリサーバにするマシンを選択して追加をクリックします。
ちなみに、黒のコンピュータのアイコンが物理マシンで、グレーのコンピュータのアイコンが仮想マシンです。

検索結果が表示されるので、ライブラリサーバにするマシンを選択して追加をクリッ

選択されたコンピュータに追加したマシンが表示されている確認して OK をクリックする。

選択されたコンピュータに追加したマシンが表示されている確認して OK をクリック

再度、ライブラリサーバの選択画面に戻る。選択されたサーバの項目に、さっき追加たマシンが表示されていることを確認して、次へをクリックする。

ライブラリサーバの選択画面に戻る。選択されたサーバの項目に、さっき追加たマシンが表示されていることを確認

ライブラリ共有の追加の画面で、サーバで共有されているディレクトリが表示されるので、ライブラリ共有に追加するディレクトリを選択する。

ライブラリ共有に追加するディレクトリを選択

サマリーの画面で設定の確認をします。間違いが無ければライブラリサーの追加をクリックする。

サマリーの画面で設定の確認をします。間違いが無ければライブラリサーの追加をクリック

ジョブの画面で、ライブラリサーバの追加の進捗状況が表示されます。さほど時間はかかりませんでしたので、暫く待つことにします。

ライブラリサーバの追加の進捗状況が表示されます

ジョブの表示画面で処理が完了したことを確認する。

 ジョブの表示画面で処理が完了したことを確認

ライブラリサーバの追加が完了したので、ライブラリへ移動し、サーバの確認をします。
下記画像の様に、ディレクトリ構造がきちんと表示される。

ライブラリサーバの追加が完了したので、ライブラリへ移動し、サーバの確認

これでライブラリサーバの追加が完了しました。
次はこれらのライブラリを使用して、仮想マシンを作成してます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>