ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Virtual Machien Manager で VM テンプレートを作成する。


仮想マシンを楽に作成する為に VM テンプレートの作成をしたいと思います。
VM テンプレートとは、仮想マシンの雛形となるもので、リソースプールです。sysprep 済みの VHD やハードウェアの構成、ゲスト OS の構成をまとめたものになります。

これを作成する事で、仮想マシンの展開が手早く出来るようになり、非常に効率のよい作業が望めます。VM テンプレートは 2 種類の作成方法があります。その作成方法は以下の通りです。

  1. 既存の VHD を手動で sysprep してマスタイメージとする方法。この記事では、この方法での作成方法を解説します。
  2. もう一つは、既存の仮想マシンをベースにして SCVMM が自動で sysprep を実行し、マスタイメージとする方法。

1 番目はあらかじめマスタマシンとして構築した仮想マシンの VHD を、sysprep しておき、ライブラリサーバに配置している VHD をソースとする方法です。

2 番目は SCVMM 上で管理している仮想マシンをベースに複製したマシンを選択する方法で、仮想マシンの構成は、そのまま元の仮想マシンの構成となるが、テンプレート作成後、はテンプレート元の VHD / 仮想マシンは、テンプレート作成の可否にかかわらず、利用できないので注意が必要です。

今回は 1 番目の既存の VHD を手動で sysprep してマスタイメージとする方法を解説します。
まず SCVMM を起動画面から左ペインの下部メニューのライブラリを選択すると、ライブラリのホーム画面に移動するので、上部メニューの VM テンプレートの作成をクリックします。

上部メニューの VM テンプレートの作成をクリック

VM テンプレートの作成ウィザードが起動し、ソースの選択画面が表示されます。
「 新しい VM テンプレートのソースを選択します。 」で「ライブラリに保管された既存の VM テンプレートまたはバーチャルハードディスク( VHD )を使用する 」にチェックを入れて参照をクリックする。

「ライブラリに保管された既存の VM テンプレートまたはバーチャルハードディスクを使用する 」にチェックを入れる

VM テンプレートソースの選択画面でソースとなる VHD または既存の VM テンプレートを選択し OK をクリックします。ちなみに今回は Windows 7 Enterprise の無人インストール用に作成した既存の VHD を使用します。

ソースとなる VHD または既存の VM テンプレートを選択します

再度、ソースの選択画面に戻るので、選択したソースに間違いが無いかを確認して次へをクリックします。

ソースの選択画面に戻るので、選択したソースに間違いが無いかを確認して次へ

VM テンプレート ID 画面で VM テンプレートの名前を付けます。名前は任意の名前で問題ありません。また、説明欄に必要であればメモを書き込んでおきます。

VM テンプレートの名前を付けます

次は、ハードウェア構成の画面が表示されます。作成する仮想マシンのハードウェア構成をここで設定しておきます。Hyper-V 同様、細かい設定が出来るのできちんと設定しておきましょう。

ちなみに、ネットワークアダプタですが、デフォルトではレガシネットワークアダプタが設定されていますので、これをネットワークアダプタに変更しておくといいでしょう。またネットワークアダプタに変更後、接続先の論理ネットワークを設定しておきましょう。

※互換性の設定の箇所で、事前に作成しておいた機能プロファイルを適用します。これは差分ディスクの使用を許可したものです。デフォルトの機能プロファイルでは差分ディスクは不可となっている為に事前に作成しました。これに関しては次回の記事で解説します。

設定が終わったら次へをクリック。

作成する仮想マシンのハードウェア構成をここで設定しておきます

オペレーティングシステムの構成画面では、仮想マシンの OS を選択します。また、ここでプロダクトキーやタイムゾーン・ドメインへの参加などの情報を設定できます。またコンピュータ名に関しては *( アスタリスク )のみを設定しておけばランダムに命名されます。設定が終わったら次へをクリックする。

オペレーティングシステムの構成画面では、仮想マシンの OS を選択します。

サマリーの画面でプロパティと値を確認します。間違いが無ければ、作成ボタンをクリックすると、VM テンプレートが作成されます。

サマリーの画面でプロパティと値を確認します。間違いが無ければ、作成ボタンをクリック

作成ジョブの確認。テンプレートが正常に作成できました。
何かエラーが生じた場合、ここでエラーの切り分けが出来るので、よく見ておきましょう。

作成ジョブの確認。テンプレートが正常に作成できました

無事に VM テンプレートの作成が完了しました。

無事に VM テンプレートの作成が完了しました


, , , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>