ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Hyper-V で仮想フロッピードライブを追加してフロッピーディスクを使う。


フロッピーディスク。懐かしいですね。今や、ほとんど使う事のなくなった FDD ですが、Hyper-V ではきちんとサポートされています。
FDD を使う場面ってどんな場面でしょうか。仮想マシンで使う場合スナップショットの影響を受けない唯一の書込可能ストレージです。

検証をしていて失敗したので、スナップショットで元に戻す。でも特定のファイルだけは保護したい。ここで FDD の登場です。
まぁ外部のストレージにでも保管しとけばいいじゃんか。と言われるかもしれませんが、完全なテスト環境で NW につなげていないスタンドアロンマシンの場合、これしか方法はないのです。

では、さっそく FDD の作り方を解説します。
Hyper-V を起動して、メニューバーの[ 操作 ] → [ 新規 ] → [ フロッピーディスク ] を選択します。

フロッピーディスクを選択

仮想フロッピーディスクの作成ダイアログが表示されるので適当な名前を付けて任意の場所へ保存します。

仮想フロッピーディスクの作成ダイアログが表示されるので適当な名前を付けて任意の場所へ保存

次に、仮想マシンに FDD をマウントさせます。
マウントさせたい仮想マシンを選択して、右クリックして設定をクリック。

次に、仮想マシンに FDD をマウントさせます

仮想フロッピーディスクファイルをマウントさせるので参照をクリック。

参照をクリック

マウントさせる vfd ファイルを選択する。

マウントさせる vfd ファイルを選択

以下の様にパスが表示されるのを確認します。

パスが表示される

次にマウントさせた仮想マシンへ接続します。
接続したら、コンピュータを開くと、フロッピーディスクドライブが追加されている。

コンピュータを開くと、フロッピーディスクドライブが追加されている

開こうとすると、フォーマットする必要があります。と表示されるので、ディスクのフォーマットをクリックする。

ディスクのフォーマットをクリック

フォーマットの詳細設定が表示されるので任意の設定をし、準備が出来たら開始をクリックする。

、準備が出来たら開始をクリック

フォーマットが完了した。

フォーマットが完了

あとは FDD を開いて、好きなファイルを移動すれば OK です。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>