ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Vitrual Machien Manager サービステンプレートを用いて Share Point Server 2012 を展開するのでハマった。


System Center 2012 Vitrual Machien Manager のサービステンプレートの勉強がてら、Share Point Server 2012 を展開してみようと思い、自力で何とか展開する準備をしましたが、最後でハマりました。

とりあえず、失敗の記録として、展開からエラーまでの手順を画像と共に記します。
エラーに関しては今後トラブルシュートで解決策を模索して、Share Point Server 2012 を展開できるようになるようにします。

2 層構造のサービスを展開し SQL Server は 2008 R2 の無償版である Express を使用、仮想マシンには Windwos Server 2008 R2 の VM テンプレート使用します。

サービステンプレートの作成

新しいサービステンプレートで 2 層アプリケーションを選択します。

2 層アプリケーションを選択

サービステンプレートデザイナーが開きます。

サービステンプレートデザイナー

ここに、展開のイメージが表示されます。左にある VM テンプレートをドラッグして適用します。
そして、仮想マシンのイメージを右クリックしてプロパティを選択します。
この仮想マシンは Share Point Server 2012 をインストールするサーバとします。

右クリックしてプロパティ

プロパティが開いたらネットワークの項目の所でドメインへの参加の設定をします。

プロパティ

ハードウェア構成構成はテンプレートの値をそのまま適用するので変更はしません。

VM テンプレートの値を適用するので変更はしません

次に SQL Server 2008 R2 Express を構成するサーバの設定です。
右クリックしてプロパティを選択。

 次に SQL Server 2008 R2 Express を構成するサーバの設定

次に VM テンプレートの編集ですが、ここでは、若干変更します。
CPU は 2 コアに設定。

CPU は 2コア

メモリは 1 GB ~ 2 GB とします。

メモリは 1 GB ~ 2 GB

次に OS の構成で、ドメインへの参加の設定をします。

ドメインへの参加設定

次に SQL Server の構成。
新しい SQL Server 構成設定をしますを選択する。

SQL Server の構成設定

それぞれに値を入力します。

値を設定

アカウントの選択。

アカウント設定

構成の詳細設定。
SQL Server のメディアソースのパスを入力して、SQL Server の管理者アカウント・実行アカウントを入力する。

SQL Server のメディアソースのパスを入力して、SQL Server の管理者アカウントを入力

実行アカウント

テンプレートデザイナーに戻り、保存と検証をクリックします。

保存と検証

エラーが無ければ次に展開の構成をクリックします。

展開の構成

名前と場所の選択。

名前と場所の選択

展開サービスのイメージが表示されます。上部メニューの、サービスの展開をクリックします。

サービスの展開

サービスの展開の確認。展開をクリックします。

サービスの展開の確認。展開をクリック

これで、展開が開始されます。
ジョブ画面で展開の進捗を見守ります。

ジョブの画面で進捗画面を見る

さて、展開が完了すると思ったら、エラー表示されていました。

エラーで終了

ここでいったん、展開は終了です。
エラーを調べると、ライブラリサーバにエラーが発生したようで、それが原因で失敗した模様。
同時に、ライブラリサーバでは別の仮想マシンが負荷の高い作業をしていたので、それが原因?
とりあえず、わからないので、後からトラブルシュートして、原因を追究します。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>