ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

グループポリシーで DVD の書き込みを禁止する方法。


社内で展開している PC で、セキュリティの観点から DVD などの書き込みを禁止させたい場合、ローカルグループポリシーで制御する事が可能です。
ただし、この例では、設定した PC でのみポリシーが適用となる為、OU などを使った詳細なアクセス制限の設定は、Active Director 上のグループポリシーで細かく設定することが出来ます。その方法につていは、また別の記事で解説します。

ファイル名を指定して実行を起動させ、gpedit.msc と入力して、ローカルグループポリシーエディターを起動させます。

ファイル名を指定して実行

ローカルグループポリシーエディターが起動したら、[ コンピュータの構成 ] → [ 管理用テンプレート ] → [ システム ] → [ リムーバブル記憶域へのアクセス ] を展開します。
右ペインの CD および DVD : [ 書き込みアクセス権の拒否 ] をダブルクリックします。

書き込みアクセス権の拒否

書き込みアクセス権の拒否のウインドウが起動したら、有効にチェックを入れて OK をクリック。

有効にチェック

これで、設定した PC にログオンするすべてのユーザに書き込みアクセス権がなくなるポリシーが適用されます。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>