ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM 2012 の VM テンプレートで Windows Server 2008 R2 を展開し、ドメインへ自動参加させる。


VM テンプレートから Windows Server 2008 R2 を展開して、自動的にドメインへ参加させます。Unattend.xml の使用がカギとなります。

▽ Unattend.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
	<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
		<settings pass="generalize">
			<component name="Microsoft-Windows-Security-SPP" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<SkipRearm>1</SkipRearm>
			</component>
		</settings>
		<settings pass="specialize">
			<component name="Microsoft-Windows-UnattendedJoin" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<Identification>
					<JoinDomain>domain</JoinDomain>
					<Credentials>
						<Domain>domain</Domain>
						<Username>administrator</Username>
						<Password>xxxxxxxxx</Password>
					</Credentials>
				</Identification>
			</component>
		</settings>
		<settings pass="oobeSystem">
			<component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<UserAccounts>
					<AdministratorPassword>
						<Value>xxxxxxxxx</Value>
						<PlainText>true</PlainText>
					</AdministratorPassword>
				</UserAccounts>
				<TimeZone>Tokyo Standard Time</TimeZone>
				<OOBE>
					<HideEULAPage>true</HideEULAPage>
					<SkipUserOOBE>true</SkipUserOOBE>
				</OOBE>
			</component>
			<component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<UserLocale>ja-JP</UserLocale>
				<SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
				<InputLocale>ja-JP</InputLocale>
				<UILanguageFallback>ja-JP</UILanguageFallback>
				<UILanguage>ja-JP</UILanguage>
			</component>
		</settings>
	<cpi:offlineImage cpi:source="" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

上記の Unattend.xml を sysprep の際に読み込ませれば OK です。

コマンドラインから実行するには、
sysprep /oobe /generalize /shutdown /Unattend:Unattend.xml

これで出来上がった VHD を基にテンプレートを作成します。

ずっと、ドメインへの参加でハマっていましたが IP プールの作成と、sysprep する際にドメインへの参加用にカスタマイズした Unattend.xml を使用することでドメインへの参加に成功しました。

VM テンプレートを作成する際に、OS の構成部分でドメインへの参加設定を行います。今回はハードウェアの構成部分に関しては任意の設定で問題ありません。ドメイン名を入力し、ドメインへの参加資格情報を入力します。

OS の構成でドメインへの参加を設定する

次の SQL Server の構成は今回は無視します。

SQL Server の構成は今回は無視

VM テンプレートから新しい仮想マシンを作成します。VM テンプレートを右クリックして、仮想マシンの作成を選択します。

VM テンプレートから 仮想マシンを作成します

仮想マシン作成のウィザードが起動する。最初の画面で適当に仮想マシンの名前を付けます。

仮想マシンの名前

次に、ハードウェアの構成の画面で、ネットワークアダプタの部分で静的 IP アドレスを選択しておきます。

ハードウェアの構成

仮想マシンをどこに展開するかの画面で、ホストに配置するを選択します。

仮想マシンの配置場所を選択

ホストの選択画面で、配置するホストを選択する。より、評価の高いホストに配置するのがいいでしょう。

ホストの配置先を選択する

設定の構成画面で、仮想マシンの保存場所・OS 設定・ネットワーク・マシンリソースをそれぞれ設定します。

設定の構成画面

まず、仮想マシンの保存場所を選択します。

仮想マシンの保存場所

次はネットワークの設定を行います。使用するアドレスプールを選択する。
IPv4 が静的 IP / MAC アドレスも静的アドレスになっていることを確認します。

ネットワークの設定

マシンリソースの画面で、VHD のソースと保存場所のパス・名前を設定します。
また、このバーチャルディスクを展開する方法で「仮想ハードディスクをネットワーク経由で転送する」を選択します。

マシンリソースの設定画面

VHD の保存先を選択します。

VHD の保存先

次に、プロパティの追加の画面で、仮想化サーバの起動時に行う動作で、任意の項目を選択します。
また、仮想化サーバの停止時に行う動作も同様に任意の項目を選択します。

プロパティの追加

サマリで設定の確認をします。問題が無ければ作成をクリックする。

設定の確認画面

仮想マシンの作成が始まった。

仮想マシンの作成が始まった。

ジョブの確認画面。暫く待ちます。順調に進んでいます。

ジョブの確認

仮想マシンの作成が完了したら、起動させます。
出来上がった仮想マシンを右クリックして電源オンを選択します。

仮想マシンの起動

仮想マシンが起動したら、コンソールから接続してみます。
仮想マシンを右クリックして、[ 接続または表示 ] → [ コンソール経由で接続 ] を選択します。

コンソール経由で接続

ログオン画面が表示されました。ここで、ログオン先にドメインの名前がある事に注目します。

ログオン画面

ログオンすると、サーバマネージャが起動するので、ドメインへの参加が行われているかを確認します。下記の画面では、きちんとドメインへ参加しているのがわかる。

サーバマネージャーでドメインの確認

最後に、コンピュータのプロパティでも確認しておきます。きちんとドメインへ参加しています。

コンピュータのプロパティでドメインを確認


, , , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>