ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server 2008 R2 の準備済みインスタンスイメージを展開する。


前回の記事の続きです。
SQL Server 2008 R2 のイメージを準備した VHD の作成方法。

sysprep を施したインスタンスイメージを早速、SCVMM で展開してみました。が、案の定というか、何故か、エラーが出て、自動展開に失敗しました。エラーの内容は前回と同じエラーでした。

エラー内容の表示

管理者資格情報が指定されませんでしたってエラー、何でなんだろう、インストール時の実行アカウントや管理者アカウントも指定しるんだけどなぁ。SQL Server の展開は失敗していますが、Windwos Server 2008 R2 の展開には成功しているので、仕方なく SQL Server の展開を手動でやってみます。

まず、コンソール経由でサーバに接続します。
サーバ名を右クリックし、[ 接続または表示 ] → [ コンソール経由で接続 ] を選択します。

サーバ名を右クリックし、[ 接続または表示 ] → [ コンソール経由で接続 ] を選択

ログオン画面が表示されるので、アカウントとパスワードを入力してサーバにログオンします。

アカウントとパスワードを入力してサーバにログオン

ログオンしたら、インスタンスイメージの準備時に作成した、インストールソースのパスへ移動し、セットアップを実行します。
前回は C:\Install_SQL に作成したので、C:\Install_SQL\setup.exe を実行します。

setup.exe の実行

インストーラーが起動したら、[ SQL Server の準備済みスタンドアロンインスタンスのイメージの完了 ] をクリックします。

SQL Server の準備済みスタンドアロンインスタンスのイメージの完了

インストーラーの指示通りにインストールを進めていきます。
セットアップサポートルールの画面でルールのチェックを行います。画面では警告は出ていますが、このマシンではネットに繋がっていないため、発生した警告ですので、無視します。

セットアップルール

プロダクトキーの入力画面。
ここでは無償エディションを使用するので、Evalution を選択します。これを選択することで、180 日間無償で使用することが出来ます。

Evalution を選択する

ライセンス条項の画面でライセンス条項に同意するにチェックを入れて次へ進む。

ライセンス条項の画面でライセンス条項に同意するにチェックを入れて次へ

準備済みインスタンスの選択画面でインスタンス ID を選択します。今回は前回の記事で、作成したインスタンス ID [ SQLDB ] を選択します。

準備済みインスタンスの選択画面でインスタンス ID を選択

インスタンスの構成画面。
ここで [ 名前付きインスタンス ] にチェックを入れて指定します。

準備済みインスタンスの選択画面でインスタンス ID を選択

サーバの構成画面。
サービスアカウントのタブの下、[ すべての SQL Server サービスで同じアカウントを使用する ] をクリックして、使用するアカウントを選択します。

すべての SQL Server サービスで同じアカウントを使用する

データベースエンジンの構成画面。
アカウントの準備タブで [ Windows 認証モード ] にチェックを入れて、SQL Server 管理者の指定でアカウントを指定します。

[ Windows 認証モード ] にチェックを入れて、SQL Server 管理者の指定でアカウントを指定

あとはインストーラーの指示通りに進めていけば OK です。

完了

これで SQL Server の展開は完了なのですが、SCVMM でのサービスの展開で失敗する原因がイマイチ理解できていませんので、もう少し、あがいてみる事にします。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>