ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Virtual Machine Manager のサービスの展開で IIS を自動展開する。


今回は、SCVMM のロールと機能を使って、Windows Server 2008 R2 に IIS を自動的にサービスの展開をしてみたいと思います。これができると、一括で OS と WEB サーバの展開が出来るので、素早く環境を構築することが出来るので、非常に便利です。

まずは、IIS インストール用の VM テンプレートの作成から始めます。

VM テンプレートの作成

ソースの選択で、ライブラリに保管された既存の VHD を使用するにチェックを入れます。sysprep 済みの VHD がライブラリにある場合は、これを選択します。

ライブラリに保管された既存の VHD を使用するにチェックを入れます

VM テンプレートソースの選択で、sysprep 済みで一般化された WS2008R2 の VHD があるので、そいつを選択します。

VM テンプレートソースの選択で、sysprep 済みで一般化された WS2008R2 の VHD があるので、そいつを選択

ソースを選択したら、次へをクリックします。

ソースを選択したら、次へ

VM テンプレート ID でテンプレートの名前を付けます。ここでは Windows Server 2008 R2 with IIS と名付けました。

VM テンプレート ID でテンプレートの名前を付けます

ハードウェアの構成画面では事前に作成してある、プロファイルを適用させましたので、ここは任意の設定をすれば OK です。

ここは任意の設定をすれば OK

OS の構成画面。
ここは今回のキモになる部分です。「 ロールと機能 」でロールの箇所で、Web サーバ( IIS )にチェックを入れます。

「 ロールと機能 」でロールの箇所で、Web サーバ( IIS )にチェック

次に、機能の箇所で、.NET Framework 3.5.1 Features にチェックを入れます。

.NET Framework 3.5.1 Features にチェック

最後にサマリの画面で設定の確認を行ったら、作成をクリックします。

最後にサマリの画面で設定の確認を行ったら、作成をクリック

これで、VM テンプレートは完成です。こいつをテンプレにして、サービスのテンプレートを作成します。

次はサービステンプレートの作成を行います。

次はサービステンプレートの作成を行います

今回は IIS サーバのみの展開なので、「 単一マシン 」を選択します。名前は IIS 展開と名付けました。

「 単一マシン 」を選択

テンプレートデザイナーが開きますので、左ペインにある、先ほど作成した VM テンプレートをドラッグします。

左ペインにある、先ほど作成した VM テンプレートをドラッグ

マシン層の部分で右クリックからプロパティを選択します。

プロパティを開く

マシン層 1 のプロパティの OS の構成部分でロールが Web-WebServer、機能が .NET-Framewoek になっているのを確認して OK をクリックする。

ロールが Web-WebServer、機能が .NET-Framewoek になっているのを確認

テンプレートデザイナーに戻ったら左上にある「 保存と検証 」をクリックし、エラーがないかの確認を行います。

「 保存と検証 」をクリック

エラーが何もなければ、次はその隣にある 「 展開の構成 」をクリックします。

「 展開の構成 」をクリック

名前と場所の選択画面で、名前と場所の指定をします。名前は任意の名前で問題ありません。場所は「 すべてのホスト 」を選択します。

場所は「 すべてのホスト 」を選択

次に、サービスの展開のイメージが表示されます。
どのホストに配置するのか、サーバの名前などを変更できます。今回はホストの配置を変更するので、中央ペインの一番下の「 ホスト:選択 」をクリックします。

中央ペインの一番下の「 ホスト:選択 」をクリック

ホストの選択画面。
評価の星が多い方がより、安定したサーバとなります。変更する場合は、ここで任意のホストに変更します。

変更する場合は、ここで任意のホストに変更

再度、テンプレートデザイナーに戻ります。
ホストの変更を反映させるために、左上にある、プレビューの更新をクリックします。

プレビューの更新

プレビューの更新が終わって、ホストが変わっていたら OK です。
ここから、いよいよサービスの展開を始めます。左上メニューにある「 サービスの展開 」をクリックします。

左上メニューにある「 サービスの展開 」をクリック

するとサービスの展開ダイアログが表示されるので、「 展開 」ボタンをクリックします。

「 展開 」ボタンをクリック

ジョブが開始しました。うまくいくかドキドキでした。
とりあえず、順調に展開が進んでいるようです。

ジョブの詳細

ジョブが完了し、展開が終了しました。
が、見ると失敗の文字が・・・またかよ、難しいなぁ。

ジョブの完了。しかし失敗

とりあえず、仮想マシンは作成されているので、コンソール経由で接続することにしました。

とりあえず、コンソールで接続

サーバマネージャを見てみると、機能の追加の部分で IIS がインストールされていました。

IIS がインストールされている

何でか分からないですが、IIS がきちんとインストールされていました。

エラーの詳細

上記のエラーの内容を見る限り、ファイアウォール周りの問題らしいのですが、きちんと問題なく IIS の展開が終わっていました。
原因がよく分からないのですが、エラーコードで検索してみようと思います。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>