ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Endpoint Protection をスタンドアロンでインストールする方法。


System Center 2012 に含まれるマルウェア対策ソフトです。通常、System Center 2012 Configuration Manager と同時に展開するもので Configuration Manager のコンソールを使用してステータス監視を行うものです。

しかしながら、Endpoint Protection だけを評価したいのに System Center 2012 Configuration Manager まで展開するのは正直かなり面倒です。

そこで、Endpoint Protection をスタンドアロンでインストールすると Endpoint Protection だけを展開出来るので手間が省けます。

インストールするには、マイクロソフトのサイトから System Center 2012 Configuration Manager の評価版をダウンロードします。
ダウンロードした、SC2012_SP1_RTM_SCCM_SCEP.exe を適当な場所に展開し、\SMSETUP\CLIENT\SCEPInstall.exe をダブルクリックします。

SC2012_SP1_RTM_SCCM_SCEP.exe を適当な場所に展開し、\SMSETUP\CLIENT\SCEPInstall.exe をダブルクリック

Sysem Center 2012 Endpoint Protectiont のインストールウィザードが起動するので、次へをクリック。

SysEndpoint Protectiontem Center 2012 のインストールウィザードが起動するので、次へ

ライセンス条項に同意して次へ。

ライセンス条項に同意して次へ

ファイアウォールが有効でない場合、Windows ファイアウォールを有効にするにチェックを入れる。

ファイアウォールが有効でない場合、Windows ファイアウォールを有効にするにチェックを入れる

System Center 2012 Endpoint Protection のインストール準備が完了したので、インストールボタンをクリックする。

インストールボタンをクリック

System Center 2012 Endpoint Protection のインストールが始まったら暫く待ちます。

暫く待ちます

インストールが完了したら、最新の更新プログラムをダウンロードした後にスキャンをかけます。

最新の更新プログラムをダウンロードした後にスキャンをかけます

最新の定義をダウンロードしてインストールしています。

最新の定義をダウンロードしてインストールしています

定義ファイルのインストールが完了

定義ファイルの更新が終わったので、システムのスキャンが始まりました。
時間がかかるので、しばらくは放置しておきましょう。

定義ファイルの更新が終わったので、システムのスキャンが始まりました

暫く経つと、スキャンの完了です。

スキャンの完了

あとはリアルタイム保護の設定や、除外ドライブの設定などを行えます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>