ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Endpoint Protection 込のマスタ VHD を作成する。


サーバ製品向けのマルウェアソフトである、System Center 2012 Endpoint Protection をスタンドアロンでインストールする方法を前回の記事で紹介しましたが、OS の展開後に検証などの環境で個別に SCEP をスタンドアロンでインストールする必要がある場合、OS に SCEP をインストールした状態のマスタ VHD を作成を作っておく方が何かと便利です。

今回、作成する VHD の内容は以下の通りです。

  • OS は Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Unattend.xml を使い、ドメインへの参加をさせる
  • SCEP を展開した状態にする

では早速、開始します。もととなる VHD を検証用の仮想マシンへ接続して起動させます。仮想マシンが起動したら、SCEP のインストールを開始します。※ SCEP のダウンロードとスタンドアロンでインストールする詳細は前回の記事を参照してください。

SCEP のインストーラーを起動させます。

SCEP のインストールウィザードが起動したら、指示通りにインストールを進めていきます。

ウィザードの指示通りに次へ

ファイアウォールが有効でない・・・の箇所にチェックを入れて次へ。

ファイアウォールが有効でない・・・の箇所にチェックを入れて次へ

インストールの準備完了と表示されるので、インストールをクリック。

インストールをクリック

インストールが開始されましたので、暫くそのままで待機します。

インストールが開始されましたので、暫くそのままで待機

インストールウィザードの完了と表示されたら、完了をクリックする。

インストールウィザードの完了

更新ファイルのダウンロードとインストールがはじまるので暫く待機します。

更新ファイルのダウンロードとインストール

更新ファイルのインストールが完了すると、クイックスキャンがはじまりますので終わるまで待ちます。途中でキャンセルさせるには、スキャンを取り消すをクリックします。

クイックスキャンがはじまりますので終わるまで待ちます

スキャンが完了したら、ここで SCEP を終了させます。

スキャンの完了

SCEP のインストールはここで完了です。次から、本題のマスタイメージの作成になります。
応答ファイル [ Unattend.xml ] を使用して、sysprep を実行します。
ディレクトリ C:\windows\system32\sysprep に 事前に作成しておいた Unattend.xml を配置します。

sysprep をコマンドプロントから実行

Unattend.xml

ドメインへ自動参加をさせる Unattend.xml は上のサンプルを使ってみてください。

次に、仮想マシンのメニューからフロッピードライブ → ディスクの挿入を選択します。

フロッピーディスクの挿入

ここでは事前に作成しておいた VFD を選択します。

VFD ファイルの選択

VFD を挿入したら、フロッピードライブを開きます。

VFD を挿入したら、フロッピードライブを開きます

そして、その中に Unattend.xml をコピーします。

Unattend.xml をコピー

準備が完了したら、コマンドプロントを起動させて、sysprep のディレクトリへ移動し、以下のコマンドを入力します。
> sysprep /oobe /generalize /shutdown /Unattend:Unattend.xml

コマンドプロントを起動させて、sysprep のディレクトリへ移動し、以下のコマンドを入力

sysprep が起動し、一般化の処理が開始されます。しばらく放置しておくと自動的にシャットダウンされます。

自動的にシャットダウンされます

仮想マシンがシャットダウンされたら、再度、仮想マシンを起動させます。

仮想マシンを再度起動させる

すると mini-setup がはじまりますので、Windows が起動するまで暫く待ちます。

mini-setup がはじまりますので、Windows が起動するまで暫く待ちます

Windows が起動したら、Administrator のパスワードを入力してログオンします。

Windows が起動したら、Administrator のパスワードを変更してログオン

ログオンしたら、挿入していた VFD を取り出します。これが残っているままだと、SCVMM での展開時の sysprep で失敗します。

VFD を取り出します

また、c:\winndows\Panther にキャッシュされている Unattend.xml と c:\windows\system32\sysprep にある Unattend.xml を削除します。他にも C:\ のルートに Unattend.xml が残っていないのを確認してください。上記で VFD を取り出した理由と同じです。

Unattend.xml のキャッシュを削除

大元の Unattend.xml を削除

Unattend.xml どもを削除したら、再度、sysprep を実行して VHD を一般化します。

sysprpe の実行

あとは自動的に処理され、シャットダウンされるので、VHD を仮想マシンから切断すればマスタ VHD の完成です。


, , , , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>