ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 / Windows 8 の sysprep 回数。


Windwos 7 や では sysprep の上限は 3 回で、4 回目から sysprep を実行すると、致命的なエラーが発生しましたとダイアログが出て、強制終了させられてしまいました。

しかし、Windows Server 2012 と Windows 8 での sysprep の回数が大幅に増え、1000 回まで行えるようになりました。
これで、応答ファイルで SkipRearm を使用することなく、何度も sysprep を実行できるので、マスタイメージの作成には、かなり助かりますね。

sysprep の残り回数を確認する方法は以前にも紹介しましたが、コマンドプロントで slmgr -dlv を実行すれば OK です。

コマンドプロントで slmgr コマンドを実行

sysprep の上限が 1000 回に設定されています。

sysprep の上限回数が1000回になっている

ちなみに、Windows Server 2012 の評価版で検証してみたところ、5 回までとなっていました。
評価版なので仕方がないですね。Windows 8 Enterprise の評価版はどうなんでしょうか。また、確認しておきます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>