ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 評価版の sysprep と応答ファイルについて。


Windows Server 2012 / Windows 8 では、sysprep の制限回数が 1000 回と、以前よりも大幅に増えましたが、Windows Server 2012 の評価版に関しては 5 回のまま制限されています。

Windows Server 2012 評価版では sysprpe の回数が 5 回に制限されている

従って、評価版を使って WS2012 の展開の検証をしようと思っている方は、今まで通り、Unattend.xml に SkipRearm を設定して sysprep を実行する必要があります。

Windows Server 2012 / Windows 8 の応答ファイルを作成ですが、Windows ADKWindows アセスメント & デプロイメント キット )を使用して作成する必要があります。Windwos Server 2008 R2 / Windows 7 時に使用していた Windows AIK を使用して作成することはできません。

また、Windwos Server 2008 R2 / Windows 7 ではインストールメディアに含まれていたカタログファイルが今回はありませんので、Windows ADK を使用して作成する必要があります。

カタログファイルの作成に関しては以前の記事で解説していますが、もう一度、解説することにします。

まず、Windows Server 2012 のインストールメディアから DVD ルート \sources\install.wim をローカル環境へコピーします。
この時、インストールメディアと同じディレクトリ構造にする必要があります。
ここでは、Desktop\sources\install.wim に配置します。

install.wim をローカルへコピー

コピーが完了。

コピーが完了した。

次に、Windows System Image Manager を起動して、Windows イメージの選択をクリックします。

Windows イメージの選択

コピーした、install.wim を開きます。

install.wim を開きます。

すると、以下のような画面が表示されますので、ここでは Windows Server 2012 SERVERDATACENTER を選択します。

Windows Server 2012 SERVERDATACENTER を選択

カタログファイルがないので開けませんとメッセージが出るので、カタログファイルを作成しますか?と聞いてくるので、はいをクリックします。

カタログファイルの作成をする

カタログファイルの作成が始まりました。しばらく時間がかかるので、出来上がるまで放置します。

カタログファイルの作成中

カタログファイルが出来上がったら、再度 Windows System Image Manager から出来上がったカタログファイル [ install_Windows Server 2012 SERVERDATACENTER.clg ] を開きます。

install_Windows Server 2012 SERVERDATACENTER.clg を開く

あとは Windows AIK と同じようにイメージからコンポーネントを開き、応答ファイルを作成すれば OK です。

イメージからコンポーネントを開き、応答ファイルを作成すれば OK です

作成した応答ファイルのダウンロードはこちらから。

Unattend.xml

Unattend.xml

ちなみに、今回作成した応答ファイルのソースを置いておきますので、自由にお使いください。
プロダクトキーは KMS の Windwos Server 2012Datacenter を使用しています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
	<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
		<settings pass="generalize">
			<component name="Microsoft-Windows-Security-SPP" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<SkipRearm>1</SkipRearm>
			</component>
		</settings>
		<settings pass="specialize">
			<component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<ComputerName>*</ComputerName>
				<ProductKey>48HP8-DN98B-MYWDG-T2DCC-8W83P</ProductKey>
			</component>
			<component name="Microsoft-Windows-UnattendedJoin" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<Identification>
					<JoinWorkgroup>WORKGROUP</JoinWorkgroup>
				</Identification>
			</component>
		</settings>
		<settings pass="oobeSystem">
			<component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<UserAccounts>
					<LocalAccounts>
						<LocalAccount wcm:action="add">
							<Group>Administrators</Group>
							<Name>Administrator</Name>
					</LocalAccount>
				</UserAccounts>
				<TimeZone>Tokyo Standard Time</TimeZone>
				<OOBE>
					<HideEULAPage>true</HideEULAPage>
					<SkipUserOOBE>true</SkipUserOOBE>
					<NetworkLocation>Work</NetworkLocation>
					<ProtectYourPC>1</ProtectYourPC>
				</OOBE>
			</component>
			<component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
				<UserLocale>ja-JP</UserLocale>
				<SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
				<InputLocale>0411:00000411</InputLocale>
			</component>
		</settings>
	a<cpi:offlineImage cpi:source="catalog://encoder/users/encoder.hide/desktop/sources/install_windows server 2012 serverdatacenter.clg" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>