ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Share Point 2013 の構築にやっと成功した。


前回の記事で、Share Point 2013 のインストール後の構成が完了した後、サーバの全体管理のサイトへアクセスしようとすると、ランタイムエラーが発生して正常に構成が完了しませんでした。

ランタイムエラー発生。

色々、調べてみたものの、解決には至らず、結局、VMM から Windows Server 2008 R2 を構成し、SQL Server 2008 R2 SP 2 を単一サーバで構成後、スタンドアロンではなく、完全インストールで Share Point 2013 の構成をしてみたところ、何故か順調に。

結局、何が原因だったのか、わかりませんでしたが、アクセス権とか、SQL / ファイアウォール周りの問題だったのかな?と勝手に解釈していますが、もう一度、同じ環境を再現して検証してみたいと思います。

とりあえず、構成に成功したので、初期設定を進めました。
サーバのスタートメニューから、サーバの全体管理からサイトを起動します。

スタートメニューからサーバの全体管理をクリック

すると、ユーザ ID とパスワードを求められるので、構成したサーバの ドメインアカウントとパスワードでログオンします。

構成したサーバの ドメインアカウントとパスワードでログオン

Share Point の構成方法を指定してください。のページで、ウィザードを使用してファームを構成するをクリックします。

ウィザードを使用してファームを構成する

サービス画面で、サービスアカウントの設定。ここでは、既存の管理者アカウントを使用する事にします。
その後、ファームで実行するサービスを選択します。今回は、すべてのサービス使うことにします。

サービスアカウントの設定

サービスの一覧。

サービスの一覧

次に、サイトコレクションの作成画面で URL とパスを設定します。
その後、サイトで使用するテンプレートを選択します。ここでは、グループ作業の「チームサイト」を選択しました。
ここで、様々なシーンに合わせたテンプレートを選択できるので、目的に最適なサイトを構築する事が可能になります。

次に、サイトコレクションの作成画面で URL とパスを設定

Share Point 2013 のファームの構成ウィザードが完了しました。
このサイトで使用するサービスアプリケーションの一覧が表示されています。

サービスアプリケーションの一覧

これで、初期構成が完了しました。
作成したサイトの細かな設定や、WEB パーツなどの設定などは次回の記事で解説しようと思いまうす。

とりあえず、ここまで構築するのに、結局 2 日もかかったのが悔やまれる orz


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>