ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

System Center 2012 Configration Manager SP 1 をインストールする。


前から、インストールをしたかったので、System Center 2012 Configration Manager SP 1 をインストールしましたが、インストールする条件がかなり厳しく、結構手こずりました。

SCCM 2012 SP 1 のインストール

参考サイト:SE の雑記 – SCCM 2012 のインストールメモ

まず、インストールをするためには以下の条件を満たす必要があります。

  1. Active Directory の参加
  2. スキーマの拡張
  3. サイトサーバ上の WSUS
  4. SQL Server サーバの準備と実行アカウント
  5. SQL Server の必須の成功順序
  6. SQL Server のメモリの設定
  7. SQL Server のファイアウォール例外設定
  8. SQL Server の sysadmin 権限
  9. Windows ADK のインストール
  10. IIS6 WMI 互換
  11. BITS のインストール

インストール環境の検証

インストールの準備をするだけで大変でしたwとりあえず、Hyper-V 上に Windows Server 2012 と SQL Server 2012 の検証環境構築し、そこへインストールしました。
スキーマの拡張と、サイトサーバ上の WSUS は無視します。WSUS はまだ構築していませんので orz

早速、SQL Server 2012 のインストールを開始します。

SQL Server のインストール

インスタンスの設定をします。ここでは、既定のインスタンスを設定します。

既定のインスタンスを設定

次に、照合順序の設定をします。
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に設定します。

SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS に設定

インストールの準備ができましたので、インストールを実行します。

インストールの実行

インストールが完了したので、サービスを開きます。サービスアカウントにドメインユーザを指定します。

SQL Server サービス

実行アカウントとしてドメインユーザを指定。

ドメインユーザを指定

次に、sysadmin の権限を実行アカウントに持たせる設定が必要です。
SQL Server Management Studio を起動します。

Management Studio ログオン画面

[ データベースサーバ名\データベース\セキュリティ\ログイン ] を開き、実行アカウントのドメインユーザを選択して右クリックからプロパティを選択します。

プロパティを選択

サーバーロールのメニューで sysadmin にチェックを入れます。

sysadmin にチェックを入れます

サーバーロールの画面で sysadmin のメンバーに指定したドメインアカウントがあるかを確認します。

sysadmin のサーバーロールを確認

次は Windwos ADK のインストールをします。

Windwos ADK のインストール

ここからダウンロードして、インストールをします。インストールする機能は以下の 3 つです。

  • Deployment Tools
  • Windows PE
  • USMT

3 つのコンポーネントをインストールします。

これが、非常に時間が掛かるので、気長に待ちます。

コンポーネントのインストール

次に、IIS 6 WMI 互換と BITS をインストールします。
サーバマネージャーから機能と役割のインストールで IIS 6 WMI 互換 と BITS を選択します。

IIS 6 WMI 互換のインストール。

IIS 6 WMI 互換 のインストール

BITS のインストール

BITS のインストール

次に SQL Server の更新プログラムを適用します。
ここから更新プログラムをダウンロードして、インストールします。

SQLServer2012-KB2716441 の適用

インストールが終わったら、SCCM 2012 SP 1 のインストーラーを起動させて、インストールを開始します。

SCCM 2012 SP 1 のインストーラーを起動

Configration Manager プライマリサイトをインストールするにチェックを入れて、標準インストールオプションを使用して、スタンドアロンのプライマリサイトをインストールにチェックを入れる。

Configration Manager プライマリサイトをインストール

前提条件の確認で警告が出ていますが、これらは無視してインストールを進めます。

前提条件の検証画面

主要セットアップの完了。

セットアップの完了

インストールが完了したら、System Center 2012 Configration Manager SP 1 を起動します。
無事に起動しました。

SCCM 2012 SP 1 のコンソール画面

今回は簡単な検証環境の構築を考えていたのですが、舐めてました。
スタンドアロンでのインストールですらこの条件。ここまで、インストールの条件が厳しいとは、思いませんでした。
ただ、さほど、難しい作業はないので、基本的にはこの流れでインストールする事が出来ますが、やはり時間は相当かかります。

インストールは大変だ orz


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>