ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM 2012 SP 1 を仮想環境に検証インストールしてみた。


System Center 2012 Virtual Machine Manager Service Pack 1

System Center 2012 Virtual Machine Manager の Service Pack 1 の評価版が出ていたので、早速ダウンロードして、Hyper-V 上に環境を作り、インストールしました。

ある程度、検証を終えてから、現在 SCVMM を運用をしている物理サーバ( FUJITSU TX150S6 )にインストールして、SP 1 環境へ移行したいと思います。

ちなみに OS は Windows Server 2012 でないとダメなようですね。Hyer-V 3.0 の仮想マシンを管理する観点から考えても仕方のない所でしょう。

テストインストール時に多少、環境を整える必要があるのは以下の通り。

  • Windows Server 2012
  • SQL Server Service Pack 2 以上
  • Windows ADK で Development Tools と Windows PE をインストール

ハードウェア要件などの詳細はこちらを参照されたい。

まず、SQL Server 2012 をインストールします。
とりあえず、全部の機能を突っ込んでインストールする事にしました。

SQL Server のインストール

インストールする機能の確認。

インストールする機能の確認

フルインストールですので結構時間がかかりましたが、無事インストールが完了しました。

インストールの完了

次に、Windows ADK のインストーラーを起動して、Development Tools と Windows PE にチェックを入れます。
Development Tools だけなら、インストールは速攻で終わるのですが、Windows PE のダウンロードとインストールにかなり時間が掛かります。

Development Tools と Windows PE をインストール

SQL Server と Windows ADK のインストールが完了したらやっと、SCVMM 2012 SP 1 のインストールを始めます。
SCVMM のインストーラーを起動して、インストールを実行します。

SCVMM SP1 インストーラーの起動

インストールをする機能の選択で VMM 管理サーバにチェックを入れます。SP 1 では、セルフサービスポータルがメニューから無くなっていますね。

インストーラー機能の選択画面

警告画面が表示されました。
メモリ不足のエラーです。2 GB ~ 4 GB の動的メモリを設定しているので無視します。ちなみに必要メモリ推奨は 4 GB 以上です。

メモリ不足のエラーが発生した

データベースの構成の画面。
今回は SQL Server 2012 と同居させるので、データベースサーバは SCVMM SP 1 をインストールするサーバの名前を指定します。
データベースサーバで使用する資格情報を入力して、SQL Server インストール時に設定したインスタンス名を入力します。データベース名はデフォルトのままで問題ありません。

データベースの構成画面

サービスアカウント及び、分散キー管理の構成画面。
VMM サービスで使用するアカウントを選択します。ここでは、ドメインアカウントではなく、ローカルシステムアカウントを使用します。

サービスアカウントの構成画面

ちなみに、ドメインアカウントを使用した場合、以下のような現象が発生する事があります。
参考 – System Center TechCenterSCVMM リソースの追加でエラー発生。ホスト登録失敗

実際、私もこのような現象に陥った事がありましたので、注意が必要です。 SP 1 では修正されているのかは未検証ですが。

次に、SCVMM が使用するポートを指定します。特に変更が無ければ、デフォルトのままで問題ありません。

ポート番号の指定

インストール処理が始まる前に、インストールの概要が表示されるので、一応、目を通しておきましょう。

インストールの概要が表示される

インストールにはある程度、時間が掛かるので終わるまで放置します。

SCVMM SP 1 インストールの完了

インストールの完了後、デスクトップに作成されるアイコンから VMM のコンソール画面へログオンするので、現在のセッションの ID をするにチェックを入れて接続ボタンをクリックします。

コンソール画面へのログオン

無事にログオンできました。

SCVMM SP 1 コンソール画面

無事、インストールが完了しました。事前準備が結構面倒ですが、SCCM に比べればマシですけどね。SCVMM SP 1 自体には特に問題もなく、すんなりとインストールが出来ました。
一通り、チェックしてみましたが、新しい機能が幾つか追加されていました。詳細はまたわかりませんが、物理サーバへの移行の際に検証してみたいと思います。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>