ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Share Point 2013 サイトコンテンツで予定表を作成する。


前回の記事で、サイトの構成を、チームサイトに設定しました。
やっとまともに使えるようになったので、早速、サイトへのコンテンツの追加を行いたいと思います。

今回はサイトへ予定表を作成する方法を解説します。
チームサイトのトップページから、「 リストやライブラリ、その他のアプリを追加 」を選択します。

チームサイトのトップページ

サイトへ追加できるアプリの一覧が表示されます。
結構な数のアプリが追加できるので、可用性の高いグループウェアを構築出来そうです。

一覧表

一覧の中にある、予定表を探し、その下にある、アプリの詳細をクリックします。

予定表を探し、その下にある、アプリの詳細をクリック

予定表の追加画面が表示されるので、追加ボタンをクリックします。

追加ボタンをクリック

次の画面で名前の選択の箇所で、名前を付けます。
わかりやすい名前を付けた方がいいでしょう。今回は 2013 年予定表と名付けます。

名前を付けます

サイトコンテンツの画面で、作成した 2013年予定表をクリックします。

2013年予定表をクリック

予定表が追加できました。
なかなか本格的な予定表が作成できました。これからこの予定表を簡単にカスタマイズしたいと思います。

これからこの予定表を簡単にカスタマイズしたいと思います

次に、予定表に新たに予定を追加してみます。日付のセルで、追加をクリックします。

日付のセルで、追加をクリック

新しいアイテムの追加画面が表示されるので、ここで、新しい予定を使い出来ます。

新しいアイテムの追加画面が表示されるので、ここで、新しい予定を使い出来ます。

ここで、カテゴリの項目に新しいカテゴリを追加したいと思います。

新しいカテゴリを追加

サイトコンテンツ画面へ戻り、予定表のテキストの部分をクリックして、設定を選択します。

設定を選択

2013年予定表設定の画面の下部にある、列の項目の部分でカテゴリをクリックします。

列の項目の部分でカテゴリをクリック

カテゴリ追加の設定画面で、それぞれの行に選択肢を入力してくださいの箇所で、追加したいカテゴリの文言を入力します。

追加したいカテゴリの文言を入力

設定が終わったら、予定表に戻り、新しい予定を追加します。

予定表に戻り、新しい予定を追加

カテゴリを選択すると、さっき追加したカテゴリが表示されていますので、追加したカテゴリを選択し、予定表を作成します。

追加したカテゴリが表示

予定を追加したら移動する、予定の確認画面で、追加したカテゴリが表示されています。

追加したカテゴリが表示

これでカテゴリの追加の設定は完了しました。
カテゴリのほかにもいろいろ項目を追加できたり、変更出来たりできます。

いろいろアプリを追加できるので、次回も、アプリの追加と設定などをしてみたいと思います。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>