ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 をインストールしてみた – ユーザの作成と IP プールの作成編


System Center 2012 Virtual Machine Manager Service Pack 1

この間、仮想環境に SCVMM SP 1 を導入したのですが、いろいろ触っているうちに、本格的な検証がしたいと思ったので、半ば、衝動的に物理マシンにインストールしました。

SCVMM SP 1 のインストールが完了

詳細なインストールのレポートは仮想マシンにテストインストールした時の記事を参照してください。
SCVMM 2012 SP 1 を仮想環境に検証インストールしてみた。

とりあえず、初期設定をしなければいけないので、設定と同時進行的な流れで、設定例などを解説します。
早速、SCVMM SP 1 を起動します。

ログオン画面

まずは、SCVMM の実行アカウントを作成しないと始まりませんので、早速作成します。
設定画面、左上部メニューにある [ 実行アカウントの作成 ] をクリックします。

[ 実行アカウントの作成 ] をクリック

アカウントの名前と、ユーザ名・パスワードを入力します。今回、ここで設定する実行アカウントは、Active Directory のドメインユーザで作成します。

実行アカウントは、Active Directory のドメインユーザで作成

出来上がった実行アカウントの一覧です。赤丸上にある NT ~とかいうユーザはローカルアカウントです。
ここでは、SQL Server 展開時に使用するアカウントもついでに作成しておきました。

出来上がった実行アカウントの一覧

これで、実行アカウントの作成は終了です。
実行アカウントは、実行するタスク別に作成しておく方が、セキュリティの観点からもいいでしょう。


論理ネットワークの作成と IP プールの作成を解説します。
SCVMM の仮想環境で使用するネットワークと IP サブネットの定義をここで行うことになります。
適切な設定を行わないと、外部への接続が出来なくなったなどのトラブルの基となりますでの、間違いがないように設定します。

ファブリックの左上部メニューの [ 作成 ] をクリックして [ 論理ネットワーク ] を選択します。

左上部メニューの [ 作成 ] をクリックして [ 論理ネットワーク ] を選択

論理ネットワークの名前を付けます。わかりやすい任意の名前で問題ありません。
下部にあるチェックボックスにはチェックを入れないでおきます。

論理ネットワークの名前を付けます

論理ネットワークが出来たら、名前を右クリックして [ IP プールの作成 ] を選択します。

IP プールの作成

作成する IP プールと紐づける、論理ネットワークを選択します。
今回は先ほど作成した論理ネットワークを使用して、IP プールの作成をします。

作成する IP プールと紐づける、論理ネットワークを選択

ネットワークサイトと IP サブネットを指定します。
ここでは [ ネットワークサイトを作成する ] にチェックを入れて IP サブネットの値を入力します。192.168.10.0/24 という形式で記入します。
入力をしたら、「 このネットワークサイトを使用できるホストグループ 」の箇所で [ 全てのホスト ] にチェックを入れます。

[ ネットワークサイトを作成する ] にチェックを入れて IP サブネットの値を入力

次に、SCVMM で作成する仮想マシンやロードバランサーなどに割り当てる IP アドレスの範囲を、開始アドレスから終了アドレスまでを入力します。開始アドレスが 192.168.10.21 で、終了アドレスが 192.168.10.99 の場合、192.168.10.21 から順番に IP アドレスが割り当てられます。

IP アドレスの範囲を、開始アドレスから終了アドレスまでを入力

次に、ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

ゲートウェイの IP アドレスを入力

次は DNS サーバのアドレスを入力します。
Active Directory 環境であれば、ドメインコントローラの IP アドレスを入力します。

DNS の IP アドレスを入力

サマリーの画面で、設定した内容に間違いがないか、確認後に完了をクリックします。

サマリーで設定の確認をする

ここで間違えてそのまま、仮想マシンなどを多数展開した後に、トラブルなどが発生すると、非常に面倒な事になりかねないので、慎重にせっていします。※ちなみに、私は、見事にハマっています orz

Windwos Server 2008 R2 の展開では、ドメインへの参加が出来るのですが、何故か、Windows Server 2012 の展開ではドメインへの参加にミスっており、設定していない WINS サーバに IP アドレスが割り当てられていたりと、かり????な内容になっています。
論理ネットワークと IP プール・VM ネットワークの設定の問題なのか、応答ファイルのミスなのかが今はわかりません。

とりあえず、応答ファイルの見直しと、ネットワーク周りを調査してみます。

終了ジョブでログの確認をします。正常に作成が完了しました。

終了ジョブの確認

これで論理ネットワークと IP プールの作成は完了です。
次回の記事では、ライブラリサーバの追加の解説をしたいと思います。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>