ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM で仮想マシンをライブラリに保管する。


検証や運用を終えた仮想マシンを削除するのは勿体ない。他の用途があるかも知れない。など、様々な理由から削除せず、Hyper-V 上に放置しているケースって結構あるのではないでしょうか。
しかし、それでは、リソースの無駄遣いとなるため、放置するのは望ましくはありません。用途が見つかった場合、すぐにリソースを使用できる環境で保管するのがベストだと思います。

そこで、SCVMM の機能として、ライブラリへ仮想マシンを保管する事が可能です。Hyper-V でいうところのエクスポートでしょうか。ライブラリへ保管するには以下の手順で行います。

ライブラリへ保管する仮想マシンを右クリックして [ ライブラリへ保管 ] を選択します。

仮想マシンを右クリックして [ ライブラリへ保管 ] を選択

ライブラリサーバの選択画面で、仮想マシンを保管するライブラリサーバを選択します。その時に、システムが自動的にどこのライブラリサーバが保管に適しているかを評価してくれます。

保管するライブラリサーバの選択

仮想マシンを保管するライブラリサーバのフルパスを指定します。

仮想マシンを保管するライブラリサーバのフルパスを指定

ライブラリに保管する前に、設定の確認を行います。問題が無ければ、保管ボタンをクリックします。

設定の確認を行います

保管ボタンを押すとジョブが開始されます。仮想マシンにもよりますが、時間がそれなりにかかりますので、暫く待ちます。

保管ボタンを押すとジョブが開始されます

保管中の画面。順調に保管作業が行われています。

保管作業が進行中

作業が完了したので、ジョブの確認をしてみます。
この時に何かエラーなどが発生した場合、エラーの内容によっては最初からやり直しになります。
今回は、特にエラーもなく、順調に保管が完了したようです。

ジョブの完了画面

保管した仮想マシンのプロパティを見てみます。
状態の項目の箇所で、更新情報・展開情報などにエラーが無いかの確認をします。

更新情報・展開情報などにエラーが無いかの確認

コンソール画面の保管された仮想マシンの状態を確認できます。
ステータスは「 保管済み 」となっています。

状態が保管済みになっている

実際に仮想マシンが保管されている場所をエクスプローラで参照してみます。
スナップショットや config.xml などの構成情報や VHD などが保管されています。

実際に保管されている場所の参照


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>