ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 で Windows Server 2012 がドメインへ参加できなかった件が解決しました。


前回の記事で、sysprep の mode:vm オプションを使って作成したシステムイメージを使用していたのが原因で、Windows Server 2012 がドメインへ参加できなかった点ですが、前回の記事でも触れましたが、無事にドメインへ自動参加出来るようになりました。

色々調べて、結局、sysprep が原因だったのが、全く予想していなかったので、唖然としてしまいましたが、無事に問題が解決したので、良しとしまします。とりあえず、ドメインへ参加できたのですが、VM テンプレートから Windows Server 2012 を自動展開してドメインへ参加させる方法を解説します。

Windows Server 2012 の VM テンプレートから仮想マシンを作成をクリックします。

VM テンプレートから仮想マシンを作成するを選択する

仮想マシンの名前を入力する。

仮想マシンの名前を入力します

ハードウェア構成の画面で、[ VM ネットワークへ接続する ] にチェックを入れて [ 静的 IP ] にチェックを入れます。
次に、IP プロトコルのバージョンで IPv4 のみを選択します。

ハードウェア構成の画面で、[ VM ネットワークへ接続する ] にチェックを入れて [ 静的 IP ] にチェックを入れます。

OS の構成画面。
仮想マシンの名前、管理パスワード、タイムゾーンなどを設定。

OS の構成画面

ドメインへ参加させるために、ドメイン名と資格情報を入力します。

ドメインへの参加設定

ネットワークの設定や、仮想マシンの保存場所、VHD の扱い方法などを設定します。

設定の構成画面。 ネットワークの設定や、仮想マシンの保存場所、VHD の扱い方法などを設定

設定の確認画面でサマリに表示されている値に間違いがないかを確認して、作成ボタンをクリックします。

サマリーの箇所でそれぞれの値に間違いがないかを確認

ジョブの完了画面。特に問題もなく、無事に展開できているようです。

ジョブの完了画面

ドメインへの参加が出来ているか、確認するために、コンソールから接続してみます。

コンソールから仮想マシンへ接続

画面の指示に従って、Ctrl + Alt + Del を押し、ログオン画面へ移動します。

Ctrl + Alt + Del を押し、ログオン画面へ

おっ、ちゃんとドメインへの参加が成功しているようです。
ドメインへのログオン画面が表示されているので、ドメインアカウントでログオンしてみます。

ドメインへの参加が成功しているようです

ログオンしたら、ネットワークと共有センターへ移動します。
アクティブなネットワークの表示の箇所で、太字で、ドメインネットワークと表示されていれば OK です。

ドメインネットワーク

セットワーク接続の詳細を見てみても、IP アドレス、ゲートウェイ・DNS サーバに適切な IP アドレスが割り当てられています。

適切な IP アドレスが割り当てられている

ようやう、Windows Server 2012 でのドメイン参加不能問題が解決しました。
しかし、sysprep の落とし穴ですね。これは・・・。みさなん、Windows Server 2012 で sysprpe する時は気を付けるましょう。


, , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>