ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 でも、システムロケール問題は未解決の模様。


sysprep で一般化し SCVMM で Windows Server 2012 を展開した時、テンプレートでロケールを日本に設定した応答ファイルを設定しないと、システムロケールが米国に変更されます。

これは Windwos Server 2008 R2 からの既知の問題で、SCVMM SP 1 でも発生するようです。Windows Server 2012 を展開するときに、ロケールを日本に設定した応答ファイルを設定しないと、同じようにロケールが米国になるようです。

ロケールを日本に設定した応答ファイルを設定し忘れると・・・

展開が終わった仮想マシン( Windows Server 2012 )へコンソールで接続する。

コンソールで接続

と、スタート画面の日時の表示が英語表記になっている。この問題、SCVMM SP 1 では修正されていると、勝手に思っていました。

日付曜日が見事に英語表記

ログオンして、コントロールパネルの言語を見てみます。ものの見事にロケールが米国になっていますねー。

米国に設定されてます。

と、いうことで、Windows Server 2008 R2 と同様、システムロケールを日本に設定した応答ファイルを sysprep 実行時に読み込ませる必要があります。

ロケール設定用応答ファイル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
<settings pass="oobeSystem">
<component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
<UserLocale>ja-JP</UserLocale>
<SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
<InputLocale>0411:00000411</InputLocale>
<UILanguage>ja-JP</UILanguage>
</component>
</settings>
<cpi:offlineImage cpi:source="" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

上記の XML コードをテキストエディタに張り付けて、適当な名前を付けて保存します。
保存したら、OS のプロファイルのスクリプト項目の応答ファイルに指定します。こうする事で、ロケールが米国になるのを防ぐことができます。

作成した応答ファイルを設定する

しかし、相当前から既知の問題なのに何で改善しないかな・・・orz


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>