ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 と Windows 8 の sysprep で追加された mode:vm オプションを使うと静的 IP が設定できない件


SCVMM SP 1 の自動展開で、Windows Server 2012 がドメインへの参加が自動で出来ない記事を書きましたが、いろいろ調べた結果、sysprep を使ってマスターイメージを作成する際に Windows Server 2012 と Windows 8 で追加された mode:vm オプションを使うと、静的 IP が設定されないことがわかりました。

mode:vm オプション

参考記事:山市良のえぬなんとかわーるど
無人応答ファイルで静的 IP アドレスを設定する (/mode:vm に要注意)

上記記事によると、move:vm オプションはハードウェアをリセットしないため、Unattend.xml によるネットワークの構成も行われない。とのこと。

早速、mode:vm オプションを付けずに、Windows Server 2012 のマスターイメージを作り直してみました。

mode:vm オプションなしで sysprep を実行

mode:vm オプションを指定する事で sysprep の処理が非常に早くなっていたので、ちょっと不便ですね。

sysprep の実行中

作り直した Windows Server 2012 のマスターイメージを使用して、SCVMM で展開していたところ、ちゃんと静的 IP が設定されていました。
もちろん、ドメインへの参加もバッチリでした。

静的 IP が設定されている

まさか、sysprep 絡みの問題だったとは・・・全くの予想外でした orz
Windwos Server 2012 のドメイン参加の記事は次回の記事で解説します。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>