ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 をインストールしてみた – VM テンプレートのインポート編


SCVMM 2012 から SP 1 へアップグレードする際に、すでに作成済みの VM テンプレートをエクスポートする方法を解説しましたが、そのテンプレートを新環境の SCVNN SP 1 でインポートすると、SCVMM で使用していた構成のまま VM テンプレートが使用できる為、環境移行後も少ない工数で、展開作業を行えます。

上部メニューあるテンプレートのインポートをクリック。

上部メニューあるテンプレートのインポート

パッケージのインポートウィザードが起動するので、インポートするファイルのあるパスを入力します。

インポートウィザードが起動するので、インポートするファイルのあるパスを入力

インポートしたオブジェクトで使用するリソース情報の指定画面でリソース名・現在のマッピングを確認します。

リソース情報の指定

インポートを開始します。
ジョブを起動して、進捗を確認しましょう。インポート完了時に以下のような画面が表示されます。
警告が出ていますが、インポート元の論理ネットワーク名と、SP 1 側で作成した論理ネットワークの名前が違うために出た警告ですので、無視します。

警告画面が表示された

インポートしたリソース情報の確認。

インポートしたリソース情報の確認

システムロケールの設定をした応答ファイルを指定しておくのを忘れないようにします。

応答ファイルの指定

SQL Server の展開情報。

SQL Server の展開情報

詳細な構成情報。

SQL Server の詳細な構成情報

インポートした VM テンプレートが依存しているリソースの確認が出来ます。

VM テンプレートが依存しているリソースの確認

これらのパスが間違っていると、正常に構成が出来なくなりますので、ライブラリサーバとのパスが合っているかをきちんと確認しておきましょう。


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>