ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 で Windows Server 2012 + SQL Server 2012 SP 1 を展開した。


前回のエントリで、システムロケールが米国になっていた為、展開に失敗しましたが、システムロケールを日本に設定した応答ファイルを設定して再度展開しました。

応答ファイルの設定

今回は SQL Server 2012 の単一の展開なので、新しいサービステンプレートで単一マシンを選択する。

単一マシンを選択

テンプレートでデザイナーで左ペインから、使用する VM テンプレートを選択してマシン層へドラッグします。

VM テンプレートを選択してマシン層へドラッグ

必要であれば、マシン層を右クリックして、プロパティから設定の変更などを行います。特に変更が無ければ展開の構成からサービスの展開画面へ移動します。

展開の構成からサービスの展開

展開作業が開始されました。ジョブが完了するまで、多少、時間が掛かります。

ジョブが完了するまで、多少、時間が掛かります

ジョブが完了したら、コンソールから接続して。ログオン画面へ移動し、展開の設定時に指定した SQL 管理者用のアカウントを使ってログオンします。

ログオン画面

Management Studio を使用して、SQL Server へログオンします。

SQL Server ログオン画面

無事にログオンできました。
画像の様に、きちんとデータベースが構築されています。これで、SQL Server の単一マシンの展開は成功です。
システムロケールの件だけしっかりとしておけば特に問題なく展開できるかと思います。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>