ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 をインストールしてみた – ホストの登録。


今回は、管理するサーバ( ハイパーバイザーを実行しているサーバ・今回は Hyper-V サーバ )をSCVMM 側に登録して、こちら側から管理するために必要です。ホストを登録する事で、複数の仮想マシンを一元管理・展開を管理できるようになります。

ファブリックのホームから、リソースの追加を選択して、Hyper-V ホストとクラスターを選択します。

Hyper-V ホストとクラスターを選択

リソースの追加ウィザードが起動します。
起動したら、リソースの場所を選択します。今回は「 信頼された Active Directory ドメインの Windows Server コンピュータ 」にチェックを入れます。

リソースの場所を選択します

資格情報の画面。
ホストを検出して登録するために必要な資格情報の設定を行います。ここでは、既存の実行アカウントを使用するにチェックを入れます。

既存の実行アカウントを使用する

検出スコープの画面。
仮想マシンホストの候補の検索スコープの設定で「 Windows Server コンピュータを名前を使って指定する 」にチェックを入れます。
コンピュータ名の欄で、名前の一部を入力して次へをクリックします。

コンピュータの名前で検索

検出されたコンピュータ名がホストとして登録するサーバであればチェックを入れて次へをクリックします。

登録するサーバであればチェックを入れて次へ

ホストの設定画面。
登録するホストをグループごとに分類することが出来ます。今回は「 全てのホスト 」を選択して次へをクリックします。

全てのホストを選択

サマリーの画面。
設定の確認を行います。選択したサーバが間違っていないか、台数は合っているかなどの確認をして、問題が無ければ完了ボタンをクリックします。

確認をして、問題が無ければ完了ボタンをクリック

作成が開始され、ジョブの一覧が表示されました。

 作成が開始され、ジョブの一覧が表示されました

登録が完了したら、登録したホストのプロパティを確認してみましょう。
全てのホストを選択して、確認するホストを選択して、右クリックからプロパティを選択します。

確認するホストを選択して、右クリックからプロパティ

状態の画面。
特にエラーなどはありません。ホストとしての条件を満たしている状態です。

ホストとしての条件を満たしている

ハードウェア構成の確認画面。

ハードウェア構成の確認画面

ホストアクセスの画面。
資格者情報と実行アカウントの変更が行えます。

と実行アカウントの変更が行えます

記憶域の画面。
内臓ストレージのプロパティです。問題は検出されていません。

内臓ストレージのプロパティ

ホスト全般の情報画面。
ホスト名やドメイン、システム構成などが表示されます。

ホスト名やドメイン、システム構成などが表示

以上で、ホストの登録作業は完了しました。
次は、SCVMM からエクスポートした VM テンプレートのインポートと、その設定などを解説する予定です。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>