ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 で Windows Server Update Service を構築する – インストール編


Windows Server Update Service を構築することが出来れば Active Directory 配下のクライアント及び、SCVMM で管理している仮想マシンなどに配布する Windows の修正プログラムを一元管理することが出来るので、前から構築してみたいと思っていたんですが、面倒なので放置していましたw

WSUS コンソール

WSUS で一元管理された更新プログラムの一覧

時間が出来たので、今回構築してみましたが、結構難しそうなイメージだったのですが、構築自体は結構簡単でした。
構築環境は SCVMM で展開した Windows Server 2012 に構築し、SCVMM で管理する仮想マシンの更新の連携を考えています。

インストールはサーバマネージャの役割の追加から行います。

役割または機能ベースのインストールを選択する

サーバの役割の部分で、Windwos Server Update Service にチェックを入れます。

Windwos Server Update Service にチェック

すると、WSUS に必要な機能の選択ウインドウが表示されますので、機能の追加ボタンをクリックします。

Windwos Server Update Service にチェック

WEB サーバ( IIS ) にもチェックが入ったのを確認します。
配布するために、IIS の機能を使用する為、これらのコンポーネントが必要となります。

WEB サーバ( IIS ) にもチェックが入ったのを確認

WSUS のインストールウィザードで注意事項に目を通しておきましょう。

WEB サーバ( IIS ) にもチェックが入ったのを確認

Windwos Server Update Service の画面。
注意事項に目を通したら、下部にある次へをクリックする。

注意事項に目を通す

役割サービスの選択画面。
役割サービスで使用するデータベースをインストールします。データベースとはいっても SQL Server が必要になるわけではありませんのでご安心ください。SQL Server が必須なら結構面倒だしねw

WSUS で使用するデータベースをインストールします

次に、更新プログラムを保管するディレクトリを指定します。ここでは、WSUS 本体の共有ディレクトリい保管する事にします。

更新プログラムを保管するディレクトリのパス

インストールオプションの確認画面。
サーバにインストールされる機能及び役割の一覧です。WSUS を構成する為にはこんなにもインストールが必要になります。SCCM よりは全然マシですけどねw

インストールオプションの確認

インストールが順調に進んでいますね。

インストール中です

インストールが終わると、WSUS の構成を行えと促されます。
展開後の構成が自動的に始まります。

展開後構成の画面

展開後の構成が自動的に完了しました。

展開後の構成が自動的に完了

以上で、インストールが完了しました。
これで、WSUS が使えるようになったのかと思ったら、今度は WSUS の詳細設定が待ち構えています。
と言っても、ほとんど、ウィザード通りに設定していけば問題はありませんが。

とりあえず、今日はここまでとします。
WSUS が実運用で使えるようになると、非常に便利なので、早く設定・構成を完了させて運用したいものです。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>