ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM SP 1 をインストールしてみた – 仮想マシンの展開


前回は VM テンプレートの作成の方法を解説しました。その VM テンプレートを使用して、仮想マシンを展開してみます。VM テンプレートでの仮想マシンの展開は、非常に工数が少なく、効率的に仮想マシンを展開する事ができます。
今回展開する仮想マシンは Windows Server 2012 の仮想マシンで展開からドメインへの参加までを自動化します。

まず、VM テンプレートを右クリックして、仮想マシンの作成を選択します。

VM テンプレートから仮想マシンを作成する

仮想マシン ID の指定の画面。
ここでは仮想マシンの名前を付けます。あくまでもSCVMM 上での名前ですので、仮想マシン本体の名前ではありません。

SCVMM 上での仮想マシンの名前を付ける

ハードウェアの構成画面。
ここでは、すでにテンプレートで設定してあるので、テンプレートで設定した値をそのまま適用します。もちろん、任意の値に変更する事もできます。ケースバイケースで設定することをお勧めします。

ハードウェアの構成

OS の構成画面。
ここでは、ドメインネットワークへの参加の有無の設定画面です。
今回はドメインへの参加を目的としていますので、テンプレートに設定している資格情報を使います。

OS の構成

仮想マシンを、どのホストに展開するかを選択します。
SCVMM が自動的にホストの状態などを総合的に判断して、評価するので、それを目安にホストを選択するといいでしょう。
ただし、あくまでも目安でしかないため、過剰に信用するのは禁物です。

仮想マシンを展開するホストの選択

仮想マシンの設定時の確認。
ここでは、仮想マシンのホストでの保管先や、PC 名の設定・ネットワークアダプタ・VHD の詳細設定と確認を行えます。展開する VHD などの名前はここで変更するのをお勧めします。

仮想マシンの詳細設定など

設定の確認の画面。
サマリーの欄で、仮想マシン名・宛先ホスト・パス( 展開先の絶対パス )を確認します。
問題が無ければ、そのまま作成ボタンをクリックすると、仮想マシンの展開が自動的に開始されます。

そのまま作成ボタンをクリックすると、仮想マシンの展開が自動的に開始

自動展開の進捗情報はジョブの画面で確認できます。展開の完了時のログなどもジョブで確認することが出来ます。終了した。
下の画像は、展開完了時のジョブの画面。

ジョブの完了画面

SCVMM のホームで作成された仮想マシンの状態を確認できます。画像ではわかりにくですが、詳細がリアルタイムで表示されています。

仮想マシンの状態を確認

それでは、展開が完了したので、作成された仮想マシンへ接続してみます。接続は RDP 経由かコンソール経由での接続が出来ますが、展開が完了した直後ですので、RDP 経由での接続は設定が終わっていないため、コンソール経由で接続してみます。

接続されると、Ctrl + Alt + Del を押して、ログオン画面へ。
サインイン先にドメイン名が表示されています。
アカウントとパスワードを入力してログオンします。

ログオン画面

無事にログオンができました。自動的にここまで展開してもらえるとシステム管理者は非常に少ない工数で多数の仮想クライアントや仮想サーバを展開できますので非常に効率がいいですね。
最後にコンピュータのプロパティを確認してみます。

システムのプロパティ


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>