ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 で Windows Server Update Service を構築する – WSUS 設定編


前回の記事で Windows Server Update Service( WSUS )のインストールを行いましたので、今回は WSUS での詳細な設定を行いたいと思います。とは言うものの、全部、ウィザード形式での設定となりますので、さほど、時間はかからないと思います。

では、早速、設定を行っていきます。
管理ツールを開いて Winwos Server Update Service を起動させます

管理ツールから Winwos Server Update Service を起動させます

WSUS の設定ウィザードが起動するので、初めに書いてある注意事項を読んでから、次へをクリックします。

次へをクリック

品質向上プログラムに参加するかの有無。ここでは参加ししておきます。

品質向上プログラムに参加するかの有無

アップストリームサーバの選択画面。
サーバが更新プログラムの同期元とするサーバを選択します。今回は Microsoft Update から同期するにチェックを入れます。

Microsoft Update から同期するにチェック

プロキシサーバの指定画面。
ここではプロキシサーバは使いませんので無視します。使用する場合、ここでプロキシサーバの設定を行います。

プロキシサーバの指定

アップストリームのサーバに接続の画面。
ここで更新プログラムのダウンロードをします。接続の開始をクリックします。

アップストリームのサーバに接続の画面

接続が完了したら次の画面の言語の選択で、日本語を選択します。

言語の選択で、日本語を選択

WSUS で扱う更新プログラムの種類を選択します。
例えば Office 2010 / System Center / Exchange などの製品の更新プログラムを選択します。

WSUS で扱う更新プログラムを選択します

分類の選択画面。
同期する、更新プログラムの種類を選択します。

同期する、更新プログラムの種類を選択

同期スケジュールの設定画面。
自動で同期するか、手動で同期するかの選択を行います。ここでは手動で同期するにチェックを入れます。

同期スケジュールの設定

終了の画面。
ここで、初期同期を完了するにチェックを入れて同期を開始します。

同期の開始

動悸が完了したら、次に作業を行う手順の確認画面です。次回はこれらの構成を行い、WSUS を起動させる構成などの設定を行います。

同期の完了。次に行う作業の確認。


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>