ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Server Application Virtualization( Server App-V )を展開してみる – 勉強編


Microsoft の提供するテクノロジのひとつである、Server Application Virtualization( Server App-V )・アプリケーションの仮想化を実現したテクノロジですが、今一つ、私の中での展開のイメージが纏まっていません。

Microsoft Server Application Virtualization

とりあえず、SCVMM を利用しての展開の検証を試したいと思っています。
Server App-V のアーキテクチャは以下の通りです。

Server App-V アーキテクチャ

Server Application Virtualization のインストール

  1. Server App-V Sequencer のインストール
    Server App-V のパッケージを作成するには、専用の環境が必要となるので、SCVMM で Windows Server 2008 R2 を展開します。その環境で Server App-V Sequencer をインストールする。
  2. Server App-V エージェント
    シーケンス処理をした仮想アプリケーションパッケージを展開するには、事前に展開先のマシンに Server App-V エージェントをインストールをする必要がある。
    ということは、SCVMM で展開する為には事前にエージェントをインストールし、sysprep を実行したマスターイメージを含む VHD を作成する必要があるって解釈でいいのかな。ちなみに、Sequencer をインストールしている環境にはエージェントはインストール出来なそうです。
  3. シーケンス処理
    Sequencer をインストールしたら仮想アプリケーションのパッケージを作成する必要がある。Sequencer は仮想環境で動くアプリケーションを作成します。Sequencer はアプリケーションのインストールおよびセットアップのプロセスを監視して、アプリケーションを仮想環境で実行するのに必要な情報をすべて記録します。
    詳細は新しいサーバーアプリケーションをシーケンス処理する方法を参考にする。

とりあえず、テスト環境を展開する必要がありますね。
要は、Server App-V エージェントを実行している環境に、仮想アプリケーションを展開する必要があるので、そこからの準備が必要になるという事ですかね。

※Server App-V のインストール ファイルは、SCVMM を実行しているマシンの c:\Program Files\Microsoft System Center 2012\Virtual Machine Manager\SAV にある、Agentsetup.exe です。

Server Application Virtualization エージェントをインストールする方法

Server App-V エージェントを無人インストールする方法が上記に記載されていました。
これを上手く利用する事で、エージェントのインストール・仮想アプリケーションの自動展開が可能になりますね。

  • Server App-V エージェントを用意したマシンにエージェントを無人インストーリを実行するスクリプトを配置。
  • sysprep を実行して一般化したマスターイメージを SCVMM のライブラリに放り込む。
  • SCVMM のVM テンプレートでエージェントを無人インストールを実行するスクリプトを設定。
  • SCVMM のサービス展開を利用して自動でエージェントを無人インストール。

イメージではこんな感じでしょうか。今頭に浮かんだことをつらつら書いてるだけなので、いざ、実行に移したら失敗 orz という可能性もあるわけで。

とりあえず、物は試しということで。後で実行してみます。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>