ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Server Application Virtualization( Server App-V )を展開してみる – シーケンス処理とアプリケーションパッケージ作成編。


SCVMM で 新しく展開した Windows Server 2008 R2 に Server App-V Sequencer をインストールして SCVMM でチェックポイントを作成してから、アプリケーションのパッケージ化を行う、シーケンス処理を行いました。

参考:新しいサーバーアプリケーションをシーケンス処理する方法

Server App-V Sequencer

シーケンス処理の方法を備忘録として、残しておきます。その後の仮想アプリケーションの展開で失敗しているため、正直、失敗してるのか成功しているのかがわからないのですが。

コンピュータの準備

パッケージ化するアプリケーションのインストーラを指定する。今回は、フリーソフトのレジストリ最適化ソフトの CCleaner を仮想アプリケーションとして配信したいと思っています
ということで、CCleaner のインストーラーを指定します。

インストーラーの指定

次にパッケージ名を付けます。任意の名前で問題ないとおもいますが、アプリケーションと同じ名前にしておく方が解かりやすくていいでしょう。

パッケージ名を付ける

指定したアプリケーションのインストーラーが実行されますので、暫く待ちます。

インストーラーの起動

ここで、展開させる仮想アプリケーションとしてパッケージを作成しているわけですが、なぜ、パッケージを作成するためこの様な作業が必要があるのか、という事が疑問だったわけです。

シーケンス処理

Sequencer を正常にインストールしたら、仮想アプリケーション パッケージを作成する必要があります。 Sequencer は、仮想環境で実行するアプリケーションを作成します。 Server App-V Sequencer はアプリケーションのインストールおよびセットアップのプロセスを監視し、アプリケーションを仮想環境で実行するのに必要な情報をすべて記録します。 シーケンス処理されたアプリケーションは、オペレーティング システムから分離され、仮想環境で実行されます。 こうした分離により、仮想アプリケーション パッケージを通常のアプリケーションよりも簡単に展開、管理、移動、および削除できます。

以上、Server Application Virtualization を使用したアプリケーションのパッケージ化から引用。

と、いう事らしいです。要するに、シーケンサーに、パッケージの展開時の情報を記録させる。これは、詳細なカスタマイズをした状態でも同じ状態で展開させる事が出来る様になる為という解釈でいいのだろうか。

なかなか今回は敷居が高いですな。難しくてなかなか理解できないので苦労しますわ orz
ということで、CCleaner をインストールします。

インストーラーが自動で起動しますので、暫く待ちます。

インストーラーの実行

インストーラーが起動してましたので、ウィザードの指示通りにインストール作業を進めていきます。

CCleaner のインストール

ここで、インストールするディレクトリを指定します
仮想アプリケーションパッケージの作成時のアプリケーションのインストール時のインストール先は必ず、Q:\ にインストールする必要があります。

Q:\ にインストールする

インストールオプションの画面。
ここで、[ デスクトップにショートカットを追加 ] と [ CCleaner のアップデートを自動的にチェック ] 以外にチェックを外します。

インストールオプション

インストールが開始された。終了まで暫く待ちます。

インストールの開始

インストールが完了しました。

インストールの完了

[ インストールを終了する ] にチェックを入れる。

インストールの終了

システム変更の情報を収集が開始されるので終わるまで暫く待ちましょう。

システムの変更情報の収集

ソフトウェアの構成画面。
それぞれのプログラムを実行して最初に使用するタスクを管理する。
ライセンス条項の同意や、ユーザ指定の設定など、必要なアプリケーション構成を実行させる事で、返送された内容が仮想アプリケーションのパッケージに保存されます。

アプリケーションの初期構成

パッケージが完成した。
ここで気になるのが、パッケージの作成レポートにある、[ パッケージからファイルが除外されました パッケージの機能を確認してください。] と出ている。これが失敗した理由の一つなんだろうか。

パッケージ作成の完了

仮想アプリケーションパッケージの各画面。
展開構成項目。

展開構成項目

プロパティ。

プロパティ

パッケージに名前を付けて保存します。

保存する

これでとりあえず、仮想アプリケーションのパッケージが完了しました。
SCVMM から見た、仮想アプリケーションのパッケージ。

仮想アプリケーションのパッケージ

次の記事で、仮想アプリケーションの展開をしてみます。( 失敗例ですが orz )


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>