ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Server Application Virtualization( Server App-V )を展開してみる – SCVMM からのサービス展開編( 失敗 )


とりあえず、前回の記事で仮想アプリケーションパッケージの作成が出来ました。
しかし、これで合っているのかどうか、正直わかりませんが、見た目は一丁前に見えます。

仮想アプリケーションのパッケージ

標題にもあります通り、SCVMM による Server App-V のサービス展開に見事失敗しました。
失敗した経緯や原因などは、現在ところ、調査中なのですが、皆目見当が付かず、苦労しております orz

全く参考にならないと思いますが、この様なエラーもあるのだな。と自分で認識しました。
Sever App-V のテクノロジは奥が深いですね。失敗例も含め自分にとってはいい勉強になっています。
とりあえず、失敗までの経緯を忘備録として記事に掲載させてもらいます。

SCVMM の新しいサービステンプレートの作成を行います。ここでは、単一マシンを選択します。

新しいサービステンプレート

サービステンプレートデザイナーが開いたら、マシン層のプロパティを開き、アプリケーションの構成の設定画面を開きます。
ここで互換性のある OS にチェックを入れます。ちなみに今回は全部にチェックを入れました。

アプリケーションの構成

次に、追加ボタンをクリックして、仮想アプリケーションを選択します。

仮想アプリケーションを選択

ここでは、仮想アプリケーションのパッケージと、パッケージの名前を適当につけます。

パッケージを選択し、名前を付ける

これで、仮想アプリケーションの展開の準備が整った。はずでしたが。。
以下は、VM テンプレートの依存関係を示すリソースの一覧。

依存関係

サービステンプレートデザイナーに戻ったら、展開構成をクリックします。

サービステンプレートデザイナー

サービス展開のイメージ。
展開先のホストやホスト名を確認します。この状態で、サービスの展開を実行します。

サービス展開のイメージ

展開が始まって暫くたったら展開プロセスが終了しました。が、以下のようなエラーが発生し、展開が失敗しました。

ジョブの完了画面。エラーが発生している。

上記のエラーメッセージによると、「 WMM は指定された仮想マシンのハートビートを検出できない。仮想マシンが実行されていないか、仮想マシン追加機能がインストールされていません 」

推奨される操作には、「 仮想マシンリモートクライアント( VMRC )を利用して仮想マシンへ接続して仮想マシンのステータスを確認してから操作を再試行してください 」と表示されいます。

現在わかっているエラーの原因と内容は以下の通り。

  • 展開時に作成されるはずの仮想マシンが正常に展開されていない。( 作成されていない )

展開時に何らかのエラーが発生し、仮想マシン作成のプロセスが終了したため、正常に仮想マシンが作成できず、仮想アプリケーションの展開も失敗に終わった。何故か。
考えられる原因を思いつく限り挙げてみる。

  1. 展開先の仮想マシンはエージェントをインストール済みで sysperp を実行したマスタイメージを使用。
  2. 仮想アプリケーションのパッケージ作成時にでた「パッケージからファイルが除外されました パッケージの機能を確認してください。」というメッセージから読み取るに、仮想アプリケーションのパッケージ自体に問題がある。( シーケンス処理の失敗など )
  3. そもそも、指定した CCleaner 自体が仮想アプリケーションに対応していない。

とりあえず、羅列してみましたが、一番大きな原因と思われるのが、sysprep を実行したエージェント展開用のマスターイメージを使用していることが原因かな?
とりあえずは、可能性のある部分を地味に一つ一つ潰していきたいと思います。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>