ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Server App-V を展開してみる – パッケージの作成とシーケンス処理


今回は、EmEditor というテキストエディタを仮想アプリケーションとして展開するために、パッケージの作成とシーケンス処理の手順を解説します。シーケンス処理についての詳細は以下の Microsoft TechNet のライブラリを参照して下さい。

まず、Server App-V Sequencer を起動させて、[ 新しい仮想アプリケーションパッケージの作成 ] をクリックします。

新しい仮想アプリケーションパッケージの作成

Server App-V Sequencer に必要なコンポーネントの不足や、ウイルスソフトが起動している状態だと、以下の画面に警告・注意メッセージが表示されますので、適切な対応をしてください。

また、この直前にスナップショットを取っておく事をお勧めします。以前にパッケージを作成した状態の場合、適切な処理が完了しませんので、スナップショットで復元する必要がありますので注意してください。

パッケージの作成の準備

仮想化するアプリケーションのインストーラーを指定します。今回は EmEditor というテキストエディタを使用しますので、そのインストーラーを準備して、パスを設定します。

インストーラーの設定

次はパッケージ名をつけます。展開時に必要となりますので、適切な名前を設定してください。また、プライマリ Virtual Application のディレクトリが Q:\ 直下となってるいることを確認してください。

パッケージの名前

インストールの準備中。

インストールの準備中

しばらくすると、仮想化するアプリケーションのインストーラーが自動的に起動しますので、実行をクリックします。

アプリケーションのインストーラが起動する

あとは指示通りにインストールをしますが、必ず Q:\ 直下へインストールするようにしてください。

Q:\ 直下へインストール

インストールが始まります。

インストールの開始

インストールが完了しました。

インストールの完了

インストールが完了し、追加の設定や構成などが必要ない場合は、「 インストールを終了する 」にチェックを入れて次へをクリックします。

インストーラーを終了させる

システムの収集画面。この画面でインストールされたアプリケーションの情報や構成などの情報を収集しています。アプリケーションサイズなどによっては大変な時間がかかることもありますので、しばらく待ちます。

システムの変更の収集

ソフトウェアの構成画面。
各プログラムを起動させて、最初に行うタスクを指定します。
つまり、アプリケーションを起動して最初に行う設定などがあれば、変更を行います。変更した情報は仮想アプリケーションのパッケージに保存されます。

アプリケーションを起動して最初に行う設定などがあれば、変更を行います

ここで、再度、システムの変更の収集を行います。時間がかかる場合がりますので終わるまでのんびり待ちましょう。

再度、システムの変更の情報を収集

パッケージの作成が完了しました。
パッケージからファイルが除外されましたとメッセージが表示されていますが、特に問題ないので無視しました。

パッケージの作成完了

完了した仮想アプリケーションのパッケージ情報を見てみましょう。

パッケージのプロパティ

仮想アプリケーションのファイル構成。

アプリケーションファイルの構成情報

パッケージを保存します。
名前を付けて、SCVMM のライブラリの中に保存します。

パッケージの保存

これで、仮想アプリケーションのパッケージの作成とシーケンス処理が完了しました。
とりあえず、順調に進めることができましたが、先ほど出てきたメッセージが若干、気になります。
「 パッケージからファイルが除外されました 」これの示す意味とは何なのでしょうか。ちょっと別で調べておきます。

次回は、いよいよ作成した仮想アプリケーションのパッケージを手動で展開してみます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>