ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Server App-V を展開してみる – App-V Agent の自動展開。


前回、ひたすら失敗を続けた Server App-V の展開ですが、いろいろ調べてみたのですが、これといった解決策が見つからず、迷走していましたが、
いろいろ考えた結果、以下の手順を試そうと思います。

  • とりあえず、再検証するため、Windows Server 2008 R2 を展開。
  • Server App-V Agent のサイレントインストールを利用して sysprep 済みの VHD を準備し、VM テンプレートとして保存する。これで、OS 展開時に Server App-V Agent が自動的にインストールできる。
  • 別に用意した Windows Server 2008 R2 を用意し、そこに Server App-V Sequencer をインストールする。
  • インストール前に必要となるコンポーネント( .NET Framework 4 / SQL Server 2012 データ層アプリケーションフレームワークなど )を事前にインストールしておく。
  • アプリケーションのパッケージ作成と シーケンス処理を行う。
  • Server App-V Agent をインストールしている仮想マシンに、Agent 用の PowerShell コマンドレットをインストールする。
  • コマンドレットを実行して仮想アプリケーションの手動展開をする。

とりあえず、上記のような流れで進めてみたいと思います。
ここでポイントなのが、Server App-V Agent を OS の展開時に SCVMM の VM テンプレートにサイレントインストールを実行させるコマンドを設定すれば、サービス展開時に自動的に Server App-V Agent を展開させる点です。これがうまくいけば、Server App-V Agent を自動的に展開し、仮想アプリケーションのサービスの展開で効率的に仮想アプリケーションの展開をすることが可能になります。

また、シーケンス処理を何らかの影響で失敗、または、やり直したい場合、パッケージ作成の直前でスナップショットを取っておくと、手早く前の環境に戻ることができるので、様々な検証が行えます。

SCVMM のライブラリのホーム画面から、上部メニューのサービステンプレートの作成をクリックします。

サービステンプレートの作成

新しいサービステンプレートの画面。ここではServer App-V Agent を動作させるサーバのみの展開なので、単一マシンを選択します。

単一マシンを選択

サービステンプレートデザイナーの画面。マシン層を右クリックしてプロパティを選択。

マシン層を右クリックしてプロパティ

アプリケーションの構成画面で、Server App-V Agent をサイレントインストールさせるコマンドを設定します。

Server App-V Agent の展開設定

実行プログラムに cmd.exe を指定。
パラメータには /q InstallSAV.cmd を指定。/q オプションはサイレントセットアップを指定します。
スクリプトリソースパッケージに SAV_x64_ja-JP_4.9.37.2003.cr( 4.9.37.2003 )
実行アカウントの箇所は空欄にままで OK です。

サービステンプレートデザイナーの画面に戻ると、上部左メニューの展開の構成をクリックします。

上部左メニューの展開の構成をクリック

サービスの展開画面。
特に問題がなければ、このままサービスの展開をクリックして、展開を実行します。

展開の実行

サービスの展開のジョブ一覧。内容を見る限り、ちゃんと展開が完了したようです。ちゃんと Server App-V Agent がインストールされているかを確認します。

ジョブの一覧。エラーなどは見当たらない

コンソール経由で、展開した仮想マシンに接続してみます。

コンソール経由で仮想マシンに接続

プログラムの追加の削除の画面で、Server App-V Agent がインストールされているのを確認できます。

Server App-V Agent がインストールされているのを確認

とりあえず、sysprep を使用した Server App-V Agent の自動展開は成功です。
次は、高機能なフリーソフトのテキストエディタ [ EmEditor ] を使用してアプリケーションのパッケージの作成とシーケンス処理を行います。
また、今回 sysprep を使用した Server App-V Agent を自動展開するイメージの作成方法は、また別の機会に解説したいと思います。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>