ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM でライブラリに保管している仮想マシンを展開する。


検証の終了や、何らかの事情でライブラリへ保管している仮想マシンがある場合、新しい検証の開始や、リソースの再利用などの理由で仮想マシンを再度、展開するには以下の手順で踏むことで非常に簡単に展開することが可能です。
ライブラリへの保管の方法に関する記事は以下の記事を参考にしてください。

SCVMM で仮想マシンをライブラリに保管する。

ライブラリサーバの仮想マシンを保管してるディレクトリを参照し、再展開させる仮想マシンを選択し、展開をクリックします。

展開をクリック

展開先のホストを選択します。
ホストの状況を自動的に評価して、展開先に適したホストを星印の数で評価します。その評価を参考にホストを選択します。

展開先ホストの選択

仮想マシンの保管先を選択します。展開先ホストの絶対パスを指定します。

展開先ホストに保管するパスを選択

ネットワークの選択画面。
仮想マシンで使用するネットワークを選択します。他に使用しているネットワークがあれば他のスイッチを選択することも可能です。
今回は単一のネットワークをしか構築していないため、元のネットワークを選択します。

ネットワークスイッチの選択

サマリーの画面。
仮想マシンを保存するパスや、展開先ホストの確認をします。

展開先の保管先やパスなどの確認

仮想マシンのサイズにもよりますが、再展開の作業自体、それほど、時間はかかりません。
ジョブの完了画面で、作業プロセスを確認します。

ジョブの完了画面

無事に再展開が完了し、実行されてるのが確認できます。

再展開の完了後、きちんと実行されてる

コンソール経由で再展開した仮想マシンへ接続します。

ログオン処理中

Share Point 2013 を実行している仮想マシンだったので、Share Point 2013 が正常に稼働しているかの確認のため、サイトへ接続します。
何の問題もなく、Share Point 2013 が実行されており、保管前と何ら変わりなく実行できています。

Share Point サーバの管理画面


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>